ヒューマンドラマ 実写ドラマ・映画・アニメ化

3月のライオン1巻あらすじやネタバレ感想など

更新日:

C級1組 五段 17歳プロ棋士 桐山零。

幼い頃、両親と妹を交通事故で亡くした。

親戚が争う中、施設に入る事を覚悟していた零に、ある男が声をかけた。

零の父親の良き友人であった幸田 八段 プロ棋士。

幸田は静かに尋ねた。

「君は、将棋は好きか?」

本当はそんなに好きではなかった将棋。けれど、生きていくために初めて嘘をついた。

「はい・・・」

泣きながら答える零。

幸田の内弟子となったことで、どこか切なく温かい、終わりのない零の棋士人生が幕を開ける・・・


>>好きな漫画を無料で読む 読みたい作品名で検索

3月のライオン1巻 川本3姉妹との出会い

先輩棋士に無理やり飲まされ、悪酔いして倒れていた零。

そこに、偶然通りかかったあかりさんに介抱されます。

そこから、深い孤独の中で戦っている零と、川本家の交流が始まります。

 

あかりさんは川本家の長女、23歳。

母と祖母が亡くなり、父が家を出て行ってから妹たちの面倒をみているしっかり者です。

ほんわかした空気をまといながらも、面倒見がよく、困っている人や、元気のない動物を見ると放っておけません。昼間は祖父の和菓子屋「三日月堂」を手伝い、夜は週に2回、叔母の銀座の飲み屋で働いています。

 

川本家の次女、ひなた、中学2年生。

いつも明るく元気で、さりげない気づかいができる優しい女の子。

あかりさんの家事の手伝いをしながら、祖父の和菓子屋の手伝いもこなしています。

現在、野球部のエース 高橋君に片思い中。

 

川本家の三女、モモ。

まだ保育園に通っている、甘えん坊の女の子です。

零は口数が少なく、少食で、棋士としてお金を稼いでいながら、特に趣味もありません。

学校にも友達がおらず、時間があれば黙々と棋譜の研究をしています。

 

そこへ「ご飯食べにいらっしゃい」と、気軽に誘う川本家。

この3姉妹との付き合いは、零に少しずつ良い影響を与えていきます。

 

3姉妹が暮らす家は、どこか懐かしく、手作りご飯はどれもおいしそう。

特に、カレーとから揚げは読んでいて食べたくなるくらいです。

 

最初は遠慮しがちな零も、少しずつ心を開いていきます。

 

1巻は将棋漫画というよりは、ほとんど川本3姉妹と零の交流が描かれています。

 

詳しく聞かなくても、何となく察して優しくできる関係。

川本3姉妹、素敵すぎます。

 

あなたも読んだら、川本家の魅力にハマってしまうのではないでしょうか?


>>好きな漫画を無料で読む 読みたい作品名で検索

-ヒューマンドラマ, 実写ドラマ・映画・アニメ化
-

Copyright© OREMANGA , 2019 All Rights Reserved.