デスゲーム&サバイバル ホラー・サスペンス

モンキーピークのネタバレやあらすじ感想など実話を元にしているのか?

更新日:

前からジャケットが気になっていた漫画の一つ、志名坂高次さん原作、条田晃宏さん漫画の『モンキーピークMonkey Peak』を一気読みしてしまいました。現在は12巻まで出版され第1部完結。(2019年10月23日現在)

もう、表紙を見ただけでホラーだろうなということがわかります。

志名坂高次さんは『凍牌』とかの麻雀漫画を描かれていた方なのですが、方向転換でしょうか?今回ホラー・サスペンスの『モンキーピーク』原作としてやられています。やっぱり『凍牌』の絵のタッチでは怖さが半減してしまいますからね。

ギャンブル
凍牌 裏レート麻雀闘牌録1巻のあらすじや感想、無料立ち読みなど

志名坂高次原作の麻雀漫画、『凍牌 裏レート麻雀闘牌録』は天才的な記憶力を持つ高校生ケイ(圭)が裏麻雀で高配当のレートの賭け麻雀で麻雀界を荒らしていた。 ケイはどんな状況下においても冷静な判断力を持って ...

続きを見る

『モンキーピーク』は最近よくありがちな、どんどん人が殺されていくシチュエーションホラーだろうなと、たかをくくり何気なく読んでいたのですすが、コレがかなりスピード感があり面白いです。山岳という陸の孤島で繰り広げられるサバイバルと恐怖感は、山登りをしない僕にもかなり伝わってきます。

サバイバル・ホラー・サスペンスが好きな方は是非試し読みをお勧めします。

 

ここから少しネタバレがありますので、まだお読みでない方は無料試し読みをお勧めします。


>>無料試し読みはコチラ

モンキーピークの大まかなあらすじ

↓今すぐ無料で漫画を読みたい方はコチラをクリック!読みたい漫画を検索!↓

ebookjapan 無料会員登録で半額クーポンがプレゼント!T-ポイントも使える!
U-NEXT 31日間の無料トライアルで、600円分のポイントGET!
FOD 1ヶ月間の無料トライアルで最大1300円分のポイントGET!

薬害事件を起こし、社長が交代した藤谷製薬。新社長の富久は社員結束を高めるために登山レクリエーションを企画します。40名が参加した登山レクリエーションには薬害事件を起こした開発者の社員や、営業の者たちなどが参加していた。

登山レクリエーションの初日の夜、新入社員の早乙女は偶然ナタを持った異形の大猿を目撃します。そして、その直後4人の死体が発見され、さらに続く猿の襲撃によって、18名の人間が犠牲となります。

大猿は知性を持ち、確実に藤ヶ谷製薬の社員を殺害していく中、藤ヶ谷製薬の社員を追い詰めていくのは、山という自然の密室。

やがて生き残ることができた社員の中に裏切り者がいるのでは?という憶測が出てきます。

『モンキーピーク』は極限状態での人の判断や行動、そしてサスペンスが絡み合った、かなり良質のホラー・サスペンス漫画だと言えます。


>>無料試し読みはコチラ

モンキーピークの登場人物

『モンキーピーク』の登場人物は藤ヶ谷製薬の社員40人と、かなりの登場人物ですが、1巻のうちにそのほとんどが死にます。今回は主要な登場人物について説明していきます。

営業 早乙女 稜(23)

『モンキーピーク』の主人公。1巻の冒頭の回想シーンで、山で父親を亡くしている。また、過去には人を殺したことがあるという噂も。昔はヤンチャだったこともあるそうで、体育会系。

社長 富久(54)

藤ヶ谷製薬の新しく交代した社長。体育会系で今回の登山を社内レクリエーションとして企画した。

開発室A 飯塚(26)

利己主義的な一面をみせており、自分が生き残れば何をしても良いと考えている面がある。

法務 安斎(34)

元アメフト選手だったため、かなり体力があり、運動神経も良い。剛院たところもあるが、チームを力づくでまとめようとする。

営業 宮田(23)

主人公の早乙女とは中学時代の幼馴染。他の社員に騙され、スーツで登山に来てしまった。早乙女の事を信頼している。

人事部長 長谷川(50)

登山経験があり、豊富な経験から的確な判断を出すことができる。

営業部長 氷室(43)

文句が多く、人のことを気にしないタイプ。

開発室A 遠野(28)

あまり感情を表に出さないタイプで、冷静に現状を把握することができる。

庶務 林(21)

早乙女のことをよく思っており、温厚な女性。早乙女は林のことを可愛いと思っている。

モンキーピークは実話を元にしているのか?

僕は山登りは全くしないため、『モンキーピーク』の場所が本当にある場所なのか、どうなのかわからなかったため、気になって調べたのですが見つかりませんでした。ひょっとしたら実在する場所なのかもしれないですが、Google MAPにはなかったです。もしご存知の方がいらっしゃったらご連絡いただけると幸いです。

『モンキーピーク』の舞台が創作とはいえ、物語で語られている内容は本物の情報も多いです。

例えば、ノルウェー2011年のテロ事件の話。

オスロ近郊の小島のウトヤ島で、銃乱射事件が起きたことは実話です。負傷者100人以上、死亡者77人。犯人のアンネシュ・ベーリング・ブレイビクが単独での犯行とのことで、世界最大の短時間大量殺人者として記録が残っています。

または世界一の事故死者を出している山として、谷川岳(たにがわだけ)を例に挙げていますが、こちらも実際にギネス認定をされている山で、1931年~2012年までに805名の死者が出ています。この数字は世界でもずば抜けた数字となっており、『魔の山』『人喰い山』『死の山』とも呼ばれているとのこと。

こうしたフィクションとノンフィクションとを織り交ぜて展開していることが、『モンキーピーク』がリアリティあるホラーとして面白いのだと思います。

恐らく、原作者の志名坂高次さんは、『モンキーピーク』の舞台を谷川岳当たりの場所をイメージしているのではと推測できます。

一ノ倉沢、大鳥帽子山や武能岳、万太郎山など、またしらび山ヒュッテは蓬ヒュッテをイメージしているのかなと思われます。

この画像は蓬ヒュッテの画像です。それにしても、よくこんなところに建造物を建てたなと。人間の力はスゴイですね。

また、このあたりの山のすごさがわかりそうな動画もありました。

これは、なかなかスゴイですね(ガクガクブルブル)

 

サイト内より『モンキーピーク』を検索すれば、登録なしで立ち読みできます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

『モンキーピーク』を無料で試し読み

 

実話系のホラー・サスペンス漫画を読みたい方は、『夜見の国から』はかなりハマるかと思います。

実話ベース
【最狂実話】夜見の国から~残虐村綺譚~全2巻 津山事件の真相がヒドイ

全くもって犯罪者を擁護するわけではないですが、津山30人殺しの犯人の模様を描いたマンガ、『夜見の国から~残虐綺譚~』を読んでいたら、ちょっと可哀想だなとも思えてしまいました。 また、2013年にあった ...

続きを見る

サバイバル漫画として面白いモンキーピーク

志名坂高次さんの『モンキーピーク』は、未知なる生物の鬼猿とのバトルとしての面白さもありますが、過酷な山の中で生き抜くためのサバイバル漫画としてもかなり面白いです。

例えば、体重×登山時間×5mlが必要水分量計算など、は登山をしないものからしても興味深い知識であったり、コースタイム付登山地図というものが存在していることを、僕は『モンキーピーク』で知りました。

別に今後の人生でサバイバルが待っているわけではないのですが、こうした予備知識を教えてくれる漫画は面白いですね。

この手のサバイバル漫画では自殺島がかなり面白いので興味のある方はどうぞ。

サバイバル漫画の傑作『自殺島』の詳しいあらすじ

モンキーピーク各巻の詳しいあらすじやネタバレ感想など

『モンキーピーク』は現在連載中です。

『モンキーピーク』1巻の詳しいあらすじや感想など

社内レクリエーションで訪れた藤谷製薬の社員40人。新社長就任による新し社風の幕開けとなる行事だったが、登山の当日の夜、ナタを持った大猿が現れ社員4人を虐殺されてしまう。山の上という誰も助けに来てくれない陸の孤島で、生き残りをかけたサバイバルが繰り広げられます。

『モンキーピーク』1巻の詳しいあらすじや感想など

『モンキーピーク』2巻の詳しいあらすじや感想など

辻の死体から、大猿の仕業ではないとわかった藤谷製薬の数名の社員たちは、自分たちの社員の中に大猿に通じている裏切り者がいるのでは?と疑心暗鬼に陥っていく。そして、彼らの前には襲われたらにげられない1本道が広がっていた。

『モンキーピーク』2巻の詳しいあらすじや感想など

『モンキーピーク』3巻の詳しいあらすじや感想など

安斎に拷問された氷室によって、協力者に仕立て上げられた早乙女。なんとか宮田のおかげで中岳小屋から脱出することができたが、その夜、再び中岳小屋に大猿の影が忍び込み…。

『モンキーピーク』3巻の詳しいあわすじや感想など

↓↓漫画も映画も好きな方にお勧め↓↓

山岳系の映画であれば…

『運命をわけたザイル』『ヒマラヤ運命の山』とかがオススメです。

『モンキーピーク』7巻 ヤバイ!犯人の一味、わかっちゃったんですけど…。

7巻にて「アレっ?こいつの描写…犯人の一味じゃね?」と思われる描写がありました。

スピーディーに展開されるモンキーピークですが、この描写…すげぇ違和感ある!!と思えるヶ所がいくつかありました。

『モンキーピーク』7巻のあらすじや感想など

『合法』的に好きなマンガを手に入れる方法

あまり知られていなかったりするのですが、好きなマンガを立ち読みではなく、無料で1巻手に入れることができます!!

 

少し前にマンガを違法アップロードして捕まってしまった(ダウンロードした側も)ような違法で手に入れる方法ではなく、”合法的に”マンガを手に入れる方法です。

結構、簡単というか5分程度で終わってしまうので、軽く説明していきますね。

 

まず、U-NEXTというサイトに行きます。

U-NEXTの無料登録はこちら

 

「あれっ?U-NEXTって動画配信会社じゃなかったっけ?」

そうなんです、U-NEXTは動画配信会社なのですが、実は電子書籍の会社でもあったりするんです。

 

上のリンクから進んでもらうと、下のような画面になります。

ココの画面の赤矢印のところがポイントです。

31日間無料トライアルで600ポイント(600円と同じ意味です。)をもらうことができます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓ ↓ ↓  ↓ ↓ 

U-NEXTの無料登録で600ポイントをもらう

 

31日間無料トライアル実施中で、無料トライアル期間に解約をした場合は月額料金はかかりません。

 

このプレゼントされた600ポイントで、お好きな電子書籍を手に入れることができるわけです。

ちなみに、この無料600ポイントプレゼントと無料トライアル期間のサービスはいつ終わるのかはわからないサービスなので注意してください。

 

登録方法もいたって簡単です。スマホで出来ます。

リンク先の無料トライアルボタンをクリックして進むと…

上の画面が表示されるので、赤丸の中を登録していく感じです。

5分もあれば登録できるはずです。

 

ちなみに、1カ月後には1200ポイント(1200円分)のポイントを毎月もらえるので、好きな動画を見たり、お気に入りのマンガを手に入れてみたりすると良いですね。

 

 

欲しいマンガを合法的に手に取る方法はこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓ ↓ ↓  ↓ ↓ 

U-NEXTの無料登録で600ポイントをもらう

-デスゲーム&サバイバル, ホラー・サスペンス
-

Copyright© OREMANGA , 2019 All Rights Reserved.