スポーツ

さよなら私のクラマーがスポーツ嫌いでも好きになる理由とは?

更新日:

実写映画化にもなった「四月は君の嘘」の作者 新川直司、最新作!!月刊マガジンで好評連載中のフットボール漫画!

サッカーで熱いのは男子だけじゃない!

青春の全てをフットボールに捧げた、少女たちの成長物語!!

どんなに叩き潰されたって、信頼できる仲間達とフットボールの頂点を目指す・・・

キレイな描写と共に、今日もフィールドでホイッスルがこだまする!

この漫画を読んだら、きっと胸が熱くなるはず。

フットボールに興味がないあなたも、熱き少女たちの青春を見逃すな!!


>>好きな漫画を無料で読む 読みたい作品名で検索

さよなら私のクラマー もうひとりぼっちじゃない

漫画は、迫力ある試合の後半から始まります。

ゴールまでリードするのは周防すみれ(すほう)

けれど、曽志崎緑(そしざき みどり)に邪魔され、シュートは失敗。

ホイッスルがなり、周防にとって中学最後の試合が終わります。

 

周防は実力がある選手であるがゆえに、周囲に理解されず、いつもひとりぼっち。

でも、ライバルチームである曽志崎が、一緒にやろうと誘います。

本当であれば、強豪校の浦和邦成へ進学するはずが、弱小チームの中でひとり頑張る田勢(たせ)先輩の姿に共感し、周防は蕨青南高校に進学します。

もちろん、曽志崎も一緒に。

 

頼りない監督に、未経験も多い個性豊かな少女たち。

果たして、このチームで頂点を目指せるのでしょうか!?

 

あらすじだけ読むと、実力のある選手が弱小チームの中で奮闘して、チーム全体が強くなっていくという、よくあるストーリーに感じるかもしれません。

でも、そんな事はありません!

 

作者である、新川直司さんは絵がキレイなだけでなく、キャラクターひとりひとりの心情をすごく丁寧に描いてくれます。

だから、日頃スポーツ漫画を読まない私でも、つい感情移入してしまうのです。

私としては、第1話からやられましたね。

 

いつもひとりぼっちの周防に曽志崎が「一緒にやろう」と誘ったシーンです。

周防が「曽志崎に得なんてないだろ」と遠慮がちに言います。

すると、曽志崎は微笑んで言うのです。

 

「そんなのやってみなきゃわからないよ。負けると思ってボールを蹴るバカはいないでしょ。知らないの?ボールは丸いんだよ」

 

もうすでに青春!!

この表現こそ、新川直司作品の真骨頂!!

 

ほかにも、周防は高校のフットボールチームで仲間を増やしていきます。

 

もう、ひとりぼっちじゃない。

今度は、周りを気にせず伸び伸びとフットボールができる。

周防は胸を躍らせるのです。

 

漫画なのに、サッカーをテレビで見ているような感覚になります。

それぐらいの臨場感です。

 

サッカー好きのあなたも、そうでない人も、ぜひオススメしたい漫画です。


>>好きな漫画を無料で読む 読みたい作品名で検索

さよなら私のクラマーの作者新川直司とは?

この漫画の作者は、新川直司(あらかわ なおし)さん。

2008年「冷たい校舎の時は止まる」で作画デビュー。

次に「さよならフットボール」で初めて原作も手掛けました。

その後も、「四月は君の嘘」で講談社漫画賞少年部門を受賞。

アニメ化も実写映画化もされています。

「四月は君の嘘」も甘酸っぱい青春盛りだくさんで、読んでいるとニヤニヤしてしまいます。絵も内容も、どこまでも美しい作品なので、気になる場合はぜひ読んでみて下さい。


>>好きな漫画を無料で読む 読みたい作品名で検索

さよなら私のクラマーの感想まとめ

蕨青南高校のフットボールチームこと、「ワラビーズ」は強豪校である浦和邦成に負けた事をキッカケに、チームの再構築に日々励んでいます。

負けても、練習に励む姿はキラキラしていて、つい応援したくなります。

 

そして、現在インターリーグも開幕し、チームの進化も止まりません!

やる気のない監督の過去も明らかになっています。

 

キャラクターひとりひとりの過去を掘り下げていくところも、また魅力的ですよね。

ワラビーズは関東の強豪校に勝てるのか!?

何千回、何万回とボールを蹴ってきた!お前らの足を信じろ!!

彼女たちの青春は止まらない!頑張れワラビーズ!!

今後も目が離せません!


>>好きな漫画を無料で読む 読みたい作品名で検索

-スポーツ
-

Copyright© OREMANGA , 2019 All Rights Reserved.