実写ドラマ・映画・アニメ化 異世界・ファンタジー

魔王カリオンの接触で…漫画『転生したらスライムだった件』7巻ネタバレや感想など

伏瀬先生、みっつばー先生、そして川上泰樹先生がおくる異世界転生系マンガ『転生したらスライムだった件』7巻では、魔王カリオンの部下たちや、「ギルドマスター(自由組合支部長)」がリムルの町に訪れるのでした。

 

漫画『転生したらスライムだった件』7巻には第32話から第35話+書き下ろし小説『ヴェルドラのスライム観察日記』が収録されています。

6巻ネタバレ
魔王ミリムの暴走劇!漫画『転生したらスライムだった件』6巻ネタバレや感想など

伏瀬先生、みっつばー先生、そして川上泰樹先生がおくる異世界転生系マンガ『転生したらスライムだった件』6巻では、リムルの町にドワルゴン王国のガゼル王が突然やってきてリムルへと一対一の立ち合いを申し出ます ...

続きを見る

U-NEXT31日間の無料トライアルで、600円分のポイントGET!
まんが王国
マンガ好きも納得無料漫画が3000作品以上!
ebookjapan会員登録なしで無料漫画が読み放題!
 

第32話 ミリム旋風(後編)

リムルやミリムとの食事中、ハチミツに興味を持つベニマルたち。

高級品である砂糖の代わりに用意したとリムルが説明をして少量のはちみつをベニマルたちに渡し舐めさせると、そのおいしさに驚きを隠せない様子を見せるのだった。

 

ミリムが風呂に入っている間に魔王について話し合うリムルたち。

リムルはカイジンたちから、魔王たちがお互いに憲制しあっている間柄であること、そしてその魔王たちから見れば、ミリムとリムルが同盟を組んだように見えるため、それを面白く思わない魔王がいるかもしれないことを聞く。

それでも唯一の「カタストロフ(天災級)」であるミリムの機嫌を損なうことが最も危険であると判断したカイジンたちは、ミリルの「マブダチ」であるリムルにミリムの世話を押し付けるのだった。

 

翌日、ガゼル王がリムルの町へと連れてきたドワルゴン王国の元大臣であるベスターが、リムルしか作れなかった「フルポーション(完全回復薬)」をその懸命な努力で作りあげたのを見届けたリムル。

 

リムルが回復薬の研究所をあとにしたその時、突然、町の方角から火柱が立ち上がるのだった。

>漫画『転生したらスライムだった件』7巻を今すぐ読む

第33話 魔王たちの企み

駆けつけたリムルは、ケガをしたリグルドと、魔王カリオンの配下がミリムの前で倒れているのが視界に入る。

現場にいたソウエイに状況を聞いたリムルは、カリオンの部下であり、魔人たちのリーダーフォビオとの話し合いの場を設けるのだった。

 

フォビオの話しを聞くと、カリオンからの命令で、リムルたちをスカウトしにやってきたという。その話を聞いたリムルは、目を改めて連絡をくれれば交渉に応じるとカリオンに伝えてくれとフォビオに頼むのだった。

 

フォビオたちが話し合いの場をあとにすると、リムルはミリムに「エサ」を与え、カリオンについての情報を手に入れる。

そして、魔王たちが傀儡の魔王を誕生させるという計画を立てていることが判明するのだった。

 

第34話 魔物の国に集う者達

ジュラの大森林に接する領土を持つファルムス王国の伯爵は、今更オークの軍勢が現れたという情報を耳にしていた。

危機感を持った伯爵は、人員不足を補うため、矯正施設に収容されていたものたちで調査団を結成するのだった。

 

ミリムがリムルによって餌付けされていたその頃、ある理由から首都リムルを目指す「人間」の一行がジュラの大森林で魔物に追われていた。

そんな彼らを、たまたま近くにいた調査団の団長 ヨウムが助太刀に入る。

それでも強力な魔物に太刀打ちできずにいたその時、通りかかったゴブタが人間たちを救うのだった。

 

ゴブタに連れられ、リムルのもとにやってきた、以前、爆炎の支配者 シズエとパーティを組んでいた冒険者たちと「ギルドマスター(自由組合支部長)」のフェーズ

、そして調査団の団長 ヨウムとその目付役のロンメル。

 

彼らの話を聞き、ヨウムの人情があり仲間想いなところを知ったリムルは、オークロードがすでに倒されていることがジュラの大森林に隣接する国々に知れ渡っていないことをフェーズに確認する。

そして、ヨウムに英雄になる気はないかと尋ねるのだった。

 

第35話 ヨウム英雄化計画

リムルの言葉に疑問符を浮かべるヨウム。

そんなヨウムに、人間と友好的な関係を築きたいリムルは、「人間を支援した魔物の国」そんなポジションが望ましいため、オークロードを倒したことにしてくれないかと告げる。

リムルの突然の提案に戸惑うヨウムは少し時間をくれと告げ、魔物の町を散策しに出かけるのだった。

 

その後、町にいる魔物たちがリムルを慕う様子が見て取れたヨウムはリムルの提案を快諾するのだった。

 

その頃、魔王クレイマンのもとへ各魔王たちの動向を報告しにやってきた女の魔物は、ミリムに見つかったという失態をしてしまったことがクレイマンにバレてしまっていた。

クレイマンは女の魔物へジュラの大森林の監視を続けるように「心臓を握りながら」告げるのだった。

 

女の魔物がクレイマンのもとから去ったあと、中庸道化連の一員 ティアがクレイマンのもとにやってくる。

そして、調査をしていた魔王フレイの悩みが「カリュブディス(暴風大妖渦)」の復活であることをクレイマンに告げる。

ティアの話を聞いたクレイマンは、カリュブディスの依り代にぴったりだと、水晶に映るフォビオをティアに見せるのだった。

>漫画『転生したらスライムだった件』7巻を今すぐ読む

漫画『転生したらスライムだった件』7巻 まとめ

魔王ミリムだけでなく、魔王カリオンも部下たちを使いリムルへと接触をしてきました。

そんな中、人間たちがリムルの町へと訪れます。人間との懸け橋を作りたいリムルはその中の一人、ヨウムにオークロードを倒した英雄になってほしいと頼むのでした。

そして、魔王クレイマンは暗躍を続けるのでした。

 

『転生したらスライムだった件』7巻では、人間とも友好的な関係を築こうと努力するリムルが見られるのでした。

人気漫画の最新刊が無料!

マンガもアニメも無料で楽しむ!

全話無料で漫画を読む

漫画アプリで全話無料で読む!

-実写ドラマ・映画・アニメ化, 異世界・ファンタジー

Copyright© OREMANGA , 2020 All Rights Reserved.