SF バトル・格闘・アクション 完結マンガ 実写ドラマ・映画・アニメ化 漫画 全巻無料

漫画『デッドマン・ワンダーランド』全巻無料で読む方法を調べた結果…

『スモーキン’パレエド』や『交響詩篇エウレカセブン』などを送り出しているコンビの片岡人生 先生と近藤一馬先生の『デッドマン・ワンダーランド』。

全13巻で完結しており、『あなざー。デッドマン・ワンダーランド』全1巻も発刊されています。

また、2011年にアニメ化もされており、こちらも原作に劣らずかなりクオリティが高くかなり面白いのでぜひ視聴してもらいたい作品です。

 

そんな『デッドマン・ワンダーランド』ですが、全巻無料で読めるサービスがないか徹底的に調べました…。

ですが、残念ながら『デッドマン・ワンダーランド』を全巻無料で読めるサービスはありませんでした。

 

しかし、ご安心ください!

漫画の単行本であれば手に入れる方法があるので、ここからは単行本を無料で手に入れる方法についてご紹介していきます。

漫画『デッドマン・ワンダーランド』が無料で読める!

漫画『デッドマン・ワンダーランド』に限らず、漫画の最新刊の単行本も無料で手に入れる方法があります。

オススメは動画配信サービスの『U-NEXT』にある電子書籍サービス!

 

「えっ?動画配信サービスなのに電子書籍があるの?」

 

そう思われている方もかなり多いですが、U-NEXTには電子書籍サービスがかなり充実しています!!

もちろん、国内・海外の映画やアニメも見ることが出来ますが、無料登録でもらえるポイントを使えば、お好きな漫画の単行本を合法的に手に入れることが出来ます。

 

U-NEXT31日間の無料トライアルで、600円分のポイントGET!
まんが王国常時3000本以上の漫画が無料で読めます!
ebookjapan登録無料で無料漫画キャンペーンを常時してます!

※上記表は2020年5月現在の情報になります。

 

動画配信サービスについている電子書籍サービスがかなり充実しており、無料期間と無料ポイントで好きな単行本を読むことが出来ます。

漫画『デッドマン・ワンダーランド』が読めるU-NEXT

 

 

U-NEXTのポイント

  • 月額1990円(税別)で31日間無料トライアル
  • 無料登録で600ポイントもらえます
  • 映画・アニメ・ドラマなど動画見放題サービス
  • 毎月1200ポイント以上の漫画購入費用は40%ポイントバック!

『デッドマン・ワンダーランド』は1冊594円から配信していますので、無料で手に入れることが出来ます!

つまり、600円以下の漫画であれば無料ということ。

 

また、購入分の最大40%をポイントで還元してくれるので、全巻そろえたい場合はかなりお得になります!1冊358円前後!!

しかも、見放題アニメ・映画もメチャクチャあるので一度チェックしてみるといいですよ。

 

 

今確認をしたら、アニメ版も『U-NEXT』であれば見放題で見ることが出来ました。(2020年5月17日)

ただし、見放題期間が終了する可能性もあるので、もったいないので、すぐに見ちゃった方が良いですね。

 

無料登録で600ポイントもらえます!

『U-NEXT』公式サイト

※31日間の無料トライアルでサービスを使い倒す!

無料期間内に解約をすれば料金は一切かからず、解約も簡単ですので、一度サービスを利用してみると良いですよ。

 

漫画『デッドマン・ワンダーランド』ネタバレや感想など

約10年前に東京を襲った大災害である「東京大震災」により、長野県へ疎開している五十嵐丸太が主人公の物語。五十嵐丸太はクラスメイト達と穏やかで平凡な生活を送っていた。だが、通っている中学校に「赤い男」が出現したことで丸太の運命は一変する。

 

学校に現れた「赤い男」はクラスメイト達を何故か丸太の目の前で惨殺し、五十嵐丸太だけを生かす。結果としてクラスメイトの惨殺犯に五十嵐丸太がなってしまい、冤罪のはずなのに死刑を宣告されてしまう。そしてこの物語の舞台となる完全民営化刑務所、通称「デッドマン・ワンダーランド」へ投獄されてしまうことになる。

 

デッドマン・ワンダーランドでは囚人達が刑期を過ごしている。殺人犯や詐欺師など様々な犯罪者がおり、当然死刑囚もいる。あるきっかけで五十嵐丸太は、自分が「罪の枝」と呼ばれる特殊能力を持つと刑務所生活で知る。罪の枝とは自分の血液を操る能力の総称で、その能力を持つ人間は「デッドマン」と呼ばれている。

 

また身に覚えの無い幼馴染の少女シロや他の囚人との出会いもあり、驚愕の事実を知る。デッドマン・ワンダーランドで死刑囚が生きる為には「飴玉」と呼ばれる解毒薬を、定期的に摂取しなければ死ぬのだ。そしてその為にカルスポイントと呼ばれる通貨が必要だったのだ。

 

当然五十嵐丸太に「飴玉」を買うほどのカルスポイントは無く、死を目前に絶望する。だがそんな状況下でも、デッドマン同士の命を掛けた闘技場に参加すれば「飴玉」が手に入る事を知り、挑む事になる。そして闘技場を通じて様々なデッドマンや体制側の人間に出会い、五十嵐丸太は自分の投獄の秘密を知ることになっていく。

 

『デッドマン・ワンダーランド』は、次から次へと降りかかる理不尽な不幸と五十嵐丸太が闘う物語である。

 

『デッドマン・ワンダーランド』の感想を一言で言うなら、理不尽との闘う事を辞めない主人公とヒロインに勇気付けられる物語といえる。

残酷描写やグロ描写があるバトル漫画であるため、読み手を選んでしまうのが勿体ない。しかし、全巻読破して残るのは「私も頑張るか…」という晴れやかな気持ちだけだと思う。

 

民間刑務所は一時期注目され問題視された時期もあり、冤罪や犯罪者のその後というものも比較的興味を持ちやすいジャンルかも知れない。

また刑務所といえば脱獄であるし、体制派と反体制派に分かれて物語が展開されるため読みやすい。唯一の読みにくさや理解しがたいワードと言えば、デッドマンの特殊能力である「罪の枝」である。物語の中で科学的に説明されるがイマイチ良く分からない。バトル漫画あるあるの何か凄い力捉えた方が良い。深く考えるとモヤモヤすることになる。

 

それよりも登場するデッドマンの投獄理由、命をかけてまで闘技場で何故闘うのか?について注目すると読みやすい。それぞれのデッドマンも不条理や理不尽を抱えているのだ。もちろん主人公とヒロインはもちろん最大の不条理を持っているが。だからこそ迷いながらも立ち向かう少年、五十嵐丸太がかっこいいし共感もできる。

 

私達の普段の人生だって殺し殺されの状況は無いが、理不尽や不条理にまみれている。誰かの為に誰かが犠牲になったり、復讐したいほど酷い事をされたのに報復は許されなかったり、本当の事実が真実として語られなかったり…本当は愛しているのに許せなかったり。

 

そんな事ばかりで嫌になる、実際デッドマン・ワンダーランドの劇中で何度も主人公の五十嵐丸太は挫ける。事実を知るたびに、誰かと戦った後に、脱獄した後に、自分自身の不条理に立ち向かっている最中でさえ…迷ったりする。

一見優柔不断に見えるが、やはり主人公も人間であり辛い状況下では迷って当然だ。それでもやはり不条理に理不尽に立ち向かう。デッドマン・ワンダーランドはそんな五十嵐丸太の姿勢が胸を打つ物語だ。

 

デッドマン・ワンダーランドは、絶望しながらも前に進んでいく主人公の姿に、勇気を貰えるお話であると私は考えている。

 

無料登録で600ポイントもらえます!

『U-NEXT』公式サイト

※31日間の無料トライアルでサービスを使い倒す!

無料期間内に解約をすれば料金は一切かからず、解約も簡単ですので、一度サービスを利用してみると良いですよ。

 

人気漫画の最新刊が無料!

マンガもアニメも無料で楽しむ!

全話無料で漫画を読む

漫画アプリで全話無料で読む!

-SF, バトル・格闘・アクション, 完結マンガ, 実写ドラマ・映画・アニメ化, 漫画 全巻無料

Copyright© OREMANGA , 2020 All Rights Reserved.