コメディ 実写ドラマ・映画・アニメ化 異世界・ファンタジー

研修旅行で大事件が⁉漫画『魔王城でおやすみ』8巻ネタバレや感想など

自由奔放なわがまま姫スヤリス。イタズラばかりの彼女に魔物達もタジタジ。

今回は姫を連れて旅行に行くことになります。はちゃめちゃ珍道中、一体、どうなる?

 

漫画『魔王城でおやすみ』8巻には第92夜から第104夜が収録されています。

7巻ネタバレ
頭からマンドラゴラの葉っぱw魔王城でおやすみ7巻ネタバレや感想など

姫と魔物達の絆が深まる魔王城。今回も姫の迷惑な思い付きから騒動が発展。なんと姫の実家に行く事態に⁉︎はちゃめちゃファンタジーギャグマンガ第7巻目です。   『魔王城でおやすみ』 ...

続きを見る

U-NEXT 31日間の無料トライアルで、600円分のポイントGET!
まんが王国 ほとんどの作品が10%オフ!無料漫画も3000作品以上!
コミック シーモア BL大人女子向け!7日間完全無料で読み放題!
ebookjapan 会員登録なしで無料漫画が読み放題!
DMM/FANZA 大人系・同人作品が国内最強!

第92夜 姫の仮想でない貧困

魔王城内のアイテムを使いすぎて叱られるスヤリス姫。人質予算を削られてしまいます。そして節約を姫に覚えてもらうことに。

 

姫に節約指導するのはきゅうけつき。彼は節約の素晴らしさを事細かく実践しながら説明していきます。しかし、そんなきゅうけつきに、贅沢品の素晴らしさを逆に説くスヤリス姫。きゅうけつきの清貧さが揺らいでいきます。様子を見ていたあくましゅうどうしが魔王タソガレにその旨報告しますが、「部下に嫉妬」と変に勘違いをされ相手にしてくれません。

 

完全に経済観念が姫よりになったきゅうけつき。最後には姫と棺桶のなかですやすや眠りにつくのでした。

>漫画『魔王城でおやすみ』8巻を今すぐ読む

第93夜 貢ぐ瞬間は案外気持ちいいから

生活費をカットされたスヤリス姫。いままで製作していた安眠グッズも没収されてしまい、考えた姫は自力で商売してお金を稼ぐことにします。

 

魔王城食堂で”ひめまんじゅう”のお店を開く姫。魔物達は驚きますが、生活費をカットされた姫に同情し、まんじゅうを買ってあげることに。満面の笑みでお礼を述べる姫にもっとよくしてあげたいと思うようになった一同は、たくさんまんじゅうを買うことを競います。ハーピィ、ポセイドン、はりとげマジロ、あくましゅうどうしがたくさん買った人1位を目指して、まんじゅうを買っていくのです。

 

結果、騒ぎを聞いて駆けつけたレッドシベリアン・改によってこの場はお開きに。十分お金を稼いだ姫は、お札に埋もれて眠るのでした。

 

第94夜 嘘つくとかサイテー!

エイプリルフールにはしゃぐ魔王城。タソガレが「魔王城は崩壊する」と大嘘をぶっこきますが、それを間に受けてしまったスヤリス姫。姫の勘違いが始まります。

 

魔王城が崩壊すると知った姫は、でびあくま達のために救済用の船を作ります。その真剣な様に、嘘だと言いづらくなったタソガレ達。姫に説明するためそれぞれが彼女に話しかけますが、タソガレの嘘を信じ込んでいる姫はみんなに優しい言葉をかけていきます。更に言いづらくなった一同ですが、ついにタソガレが「魔王城崩壊は嘘」と告白します。嘘だとわかって激怒するスヤリス姫。

 

ふてくされながら眠りにつくスヤリス姫。しかし、タソガレのついた嘘はでびあくまを通して魔王城内に伝わってしまい、弁解に奔走するタソガレ達なのでした。

 

第95夜 新春ふとん素材見本市

魔王城では新人着任式が行われ、新人に向け各幹部達の紹介が行われていました。そこには当たり前のようにいる姫の姿もあったのです。人質であることを隠したいタソガレは彼女を”はさみ魔物 すやすや”として紹介することにします。

 

魔物として紹介された姫は新人達に近づきます。そして、新人達の要望により人質の部屋を見に行くことになるのです。人質の牢屋に入っていたのはさっきゅん。影武者としてみんなが牢屋に放り込んだのです。しかし、天然な姫は自分の牢屋に案内します。姫の豪華な部屋に新人達は感動し、「幹部の部屋はすごい!」と勘違いをします。そしてスヤリス姫は自信ありげな姿で眠りにつくのでした。

 

豪華な暮らしをしているスヤリス姫の様子が、逆に新人達のモチベーションアップに繋がったのでした。

 

第96夜 人が名乗ったら名乗る!

あくましゅうどうしは憂鬱でした。年に一度の名簿作成にまた自分の本名を記載しなければならないとこに。彼の本名はレオナール。「淫らな宴を催す悪魔」という意味なのです。

 

名簿の回収に現れたのはスヤリス姫。かえんどくりゅうのお手伝いをしているのです。姫に本名を知られたくないあくましゅうどうしは、あの手この手で誤魔化しますが、姫には通用しません。姫は自分の本名を名乗り、あくましゅうどうしにも名乗るよう促しますが、彼は口を紡ぎます。そこへ泥酔したあくましゅうどうしの友達睡魔が現れ、彼の本名を呼ぼうとします。阻止するあくましゅうどうしに、自分は好かれてないからと寂しそうな姫。そんな2人をよそに、睡魔が酔った勢いで名簿にあくましゅうどうしの本名を書きます。睡魔が書いた名前は泥酔による悪筆で「レオたード」になってしまったのです。

 

恥ずかしい名前だったことに気付いた姫は無理に聞いた自分を反省し、寝心地の悪い眠りにつくことに。本当の本名を知られずにすんだあくましゅうどうしは難を逃れたことに感謝するのでした。

>漫画『魔王城でおやすみ』8巻を今すぐ読む

第97夜 ねてよしなげてよし

書庫で「枕投げ」という枕の遊び方を知ったスヤリス姫。早速やりたくて、タソガレ達の元へと向かいます。

 

タソガレ達は新人研修旅行の打ち合わせの真っ最中。お構いなしに枕投げを求める姫に、致し方なく会議と同時進行で枕投げをすることに。枕が飛び交う何とも奇妙な会議になってしまいます。会議兼枕投げは姫が満足するまで続けられるのでした。

 

さて、新人研修旅行の打ち合わせも終わり、荷物の確認をするタソガレ達。その荷物の中にはすやすや眠る姫の姿が!どうやら姫も旅行についていくようです。

 

第98夜 姫になれようの旅

2泊3日の研修旅行。バスの中には魔物達に混ざって姫も参加しています。人質であることを隠したいタソガレ達。バスは目的地へと走ります。

 

目的地ジゴ=クサツに着いた一行。温泉地です。旅館に着いた魔物達はそれぞれ寛ぐことにします。新人達は「はさみ魔物すやすや」が人質の姫ではないかと気付き始めます。そして、ついに姫が人質であると確信し、魔王タソガレに人質の扱いが甘いことを指摘します。しかし、人質に危害を加えてはならないことと人間との接し方を諭され、新人達は考え込んでしまいます。

 

部屋に戻った新人達が見たのは、部屋の布団で”新人歓迎”と描かれた枕で眠る姫の姿。そんな姫をみて一同和むのでした。研修は2日目へと続く。

 

第99夜 ジゴ=クサツよいとこ二度三度おいで

2日目を迎えた新人研修旅行。今日の日程は観光です。自由行動です。姫のお守りを交代で行うことになりました。

 

レッドシベリアン・改とはお土産を買い、タソガレとは王族について語らい、そして、かえんどくりゅうやアルラウネ、ポセイドン達が交代で姫のお守りをしていくのです。あくましゅうどうしは姫にこれ以上醜態を晒したくないと思っていたので隠れて監視することにしますが、姫に見惚れる新人の姿を見て飛び出していきます。新人を撃退(?)したあくましゅうどうし。姫と一緒に砂風呂を体験します。

 

砂風呂で眠ってしまった姫。自由行動は終了し、2日目の夜へと続くのでした。

 

第100夜 肌みせてこうぜイエーイ

研修旅行2日目夜。露天風呂に入るタソガレ、あくましゅうどうし、レッドシベリアン・改の3人。やっと訪れた癒しの時間ですが、露天風呂の柵がぐらついていて、女湯に入っている姫が見えてしまいます。

 

気付いたあくましゅうどうしは何とか柵が倒れないよう、2人にバレないよう支えます。そして、早く出ようと2人を即しますが、入ったばかりの2人は出ようとしません。騒ぐ男湯に怒った姫が乱入します。何と水着を着ての乱入です!姫は柵が壊れていることを張り紙で知り、水着を借りて入浴していたのでした。

 

姫が混浴したせいで上がれなくなった男達。結局、のぼせるまで湯に浸かっていたのでした。研修旅行はいよいよ最終日へ。

>漫画『魔王城でおやすみ』8巻を今すぐ読む

第101夜 姫はずっと夢の中

研修旅行の帰りのバスの中。疲れて眠る一同の中、タソガレは姫を見つめるはぐれかまいたちの気配に気付きます。

 

姫に恋をしてしまったはぐれかまいたち。タソガレに姫の可愛さを語りますが、その横には同じく姫のことが大好きなあくましゅうどうしが寝ています。あくましゅうどうしに気付かれないよう相手をするタソガレ。あくましゅうどうしにバレると面倒なことになってしまいますので必死に対応します。しつこい彼に魔法を放ち、やっとこさはぐれかまいたちは寝てくれたのです。部下の色恋沙汰に疲れたタソガレです。

 

そんなこととは知らない姫は一日中幸せそうに眠るのでした。こうして、2泊3日の研修旅行は幕を閉じたのでした。

 

第102夜 5限数学だと100%ねむれる

再び平和な魔王城。姫は「水泳の後は爆睡できる」という新人達の話を聞いて水泳することにします。

 

開かれた水中戦闘訓練ビギナーコースに水着で参加のスヤリス姫。やる気満々です。しかし、姫は泳ぐことができません。魔物達に支えてもらいながらの特訓が始まります。コーチは海の神であるポセイドン。まずは水中で目を開けることを姫に指南しますが、なかなかできません。けのびも教えますが沈んでしまきます。姫はめげずに特訓をこなし、周りの協力もあって、少し泳げるようになります。

 

泳ぎ疲れと爽やかな疲労感で眠ってしまう姫。翌日、ナスあざらしに乗せてもらうという新たな泳法を生み出した姫なのでした。

 

第103夜 借りぐらしのスヤエッティ

自分の部屋に自分のものではない物が置かれていることに気付いたスヤリス姫。原因を探るとそれは以前姫に生えたマンドラゴラの仕業でした。

 

マンドラゴラは「姫ドラゴラ」と名付けられており、魔王城内を逃げ回っていました。住んでいたのは姫の牢屋の隣。空いていた穴を覗き姫ドラゴラの暮らしを見ると、姫が作った枕などがありました。枕を返して欲しい姫は姫ドラゴラを追いかけますが、姫と同じ性質を持つ姫ドラゴラに感銘を受け、ついには仲良くなってしまいます。

 

仲直りのため、同じ枕で寝る姫と姫ドラゴラ。しかし、一緒にいると素材の奪い合いになってしまうため、姫ドラゴラを強引にさっきゅんに預けるスヤリス姫なのでした。

 

文章ではなく漫画で読みたい方にオススメ!

魔王城でおやすみ全巻無料で読めるか調べた結果…

※いくつか良いサービスがあったので紹介していきます。

 

第104夜 アルバム敷いとけばいいじゃない

研修旅行の写真が出来上がり枕の下に入れて眠りたい姫は、1番良い写真をみんなに選んでもらうことに。

 

しかし、タイミングの悪いことに、ポセイドンが勇者と対戦中!その戦いの様子を見たいタソガレ達は姫の申し出を断ります。それでも引き下がらない姫はみんなとの写真を見せて回ります。写真に夢中になってしまった一同をタソガレが嗜めます。しかし、姫に根負けしてしまい写真選びをすることに。やっと良い写真を選ぶことができた姫は会議室を後にするのでした。

 

姫が帰ったあと、モニターを見るタソガレたちですが、映ったのは満身創痍の勇者とポセイドン。そしてポセイドンは「姫は帰りたがってない!」と言ってはいけないことを勇者に言い放つのです。波乱の展開になる予感は次回まで…!

>漫画『魔王城でおやすみ』8巻を今すぐ読む

漫画『魔王城でおやすみ』8巻 まとめ

魔族との絆が深まるスヤリス姫。姫の性格が垣間見えるお話が満載。

みんなと行った研修旅行で勃発される色恋沙汰にタソガレも疲労!姫と魔族達のギャグストーリーが意外な展開へと進む8巻です。

-コメディ, 実写ドラマ・映画・アニメ化, 異世界・ファンタジー

Copyright© OREMANGA , 2022 All Rights Reserved.