スポーツ 完結マンガ 実写ドラマ・映画・アニメ化

漫画『DEAR BOYS』4巻ネタバレや感想、無料で読む方法など

『DEAR BOYS』4巻では、藤原つぶしを目の当たりにし、森山は正々堂々と勝負したい気持ちを下條にぶつけます。

互いにチームとして、まだまだ未完成のなか全力でぶつかり合う接戦。

石井のブザービートの行方は、果たして瑞穂は初勝利をあげることができるのか。

 

『DEAR BOYS』4巻では、第9話~第12話までが収録されています。

3巻ネタバレ
漫画『DEAR BOYS』3巻ネタバレや感想、無料で読む方法など

『DEAR BOYS』3巻では、瑞穂男子バスケ部が新たなスタートをきり、早速練習試合が行われます。 男子バスケ部にとっては、因縁の相手が監督をしている成田中央高校。 藤原は感情的になり、一人暴走しチー ...

続きを見る

U-NEXT31日間の無料トライアルで、600円分のポイントGET!
まんが王国
マンガ好きも納得無料漫画が3000作品以上!
ebookjapan会員登録なしで無料漫画が読み放題!
 

第13話 勝利の彼方に…

石井のシュートはバスケットカウントで、瑞穂は1点差で初勝利をあげます。

石井に飛びつく哀川、シュートを打った石井は呆然としていますが、勝利を確信し全員で喜びを分かち合います。

一方、負けた成田中央は選手たちが肩を落とし、試合終了後、キャプテンの森山が自分の責任だと下條に謝罪します。

しかし、下條は成田中央は瑞穂のチームワークに負けたと言い、今後の成田中央のチーム編成について冷静にアドバイスをします。

 

下條は瑞穂ベンチに挨拶に、瑞穂を良いチームだと褒め次はインターハイで、必ず成田中央が瑞穂を倒すと言って去って行きます。

試合後、学校を出る瑞穂に森山が挨拶をして、両チーム約束を交わします。

初勝利に盛り上がる哀川たち、氷室先生からの提案で初勝利の打ち上げが哀川宅で行われます。

打ち上げの準備をするなか哀川と森高は、毎朝シュート練習をする約束をして良い感じになっています。

男子バスケ部の1勝目を祝い、瑞穂選手たち夢津美らが全員で乾杯します。

 

>漫画『DEAR BOYS』4巻を今すぐ読む!

※【期間限定】無料巻あり!キャンペーン終了の場合はご了承ください。(2020年7月26日)

第14話 そして 新しき日々

成田中央戦から二週間がたち、哀川たちは中間テストの最終日を迎えていました。

それぞれが、試合後から仲良く学校生活を送るなか、学校では男子バスケ部が成田中央に勝った事が話題となっています。

そんな話題を話す1年生たちの中に、男子バスケ部のことを考える杏崎沙斗未の姿がありました。

中間テスト後、ラーメン屋に来た哀川と藤原ですが、藤原を知る上級生たちにからまれてしまいます。

 

練習前、氷室から女子バスケ部の選抜についての話しと、男子バスケ部のキャプテンの発表がありました。

キャプテンは藤原、選手たちは喜びますが藤原は複雑な心境のなか練習を開始します。

その様子を遠くから見つめる杏崎、練習後、哀川と藤原が一緒に帰る途中に杏崎があらわれ、藤原の左膝の状態が悪いと指摘します。

第15話 MISTY GIRL

職員会議で、藤原たちバスケ部の非難があるなか、氷室は更生に向けて懸命に部活動に取り組んでいることを伝えていました。

感情的になり部屋を飛び出す氷室の前に、杏崎が待っていて男子バスケのマネージャーになる事を氷室に告げます。

哀川に杏崎の素性を話す三浦、どうやら彼女は藤原と三浦の中学校の後輩でした。

杏崎は中学校ではバスケ部で、藤原と同じポイントガードをしていたようです。

藤原の膝の怪我を知っている口調だったと話す哀川に、中学の試合時にルーズボールからの接触で膝を痛めた事を話す三浦。

その後の練習前、氷室から杏崎が男子バスケ部のマネージャーとして紹介されました。

 

三浦の話を聞いていた瑞穂バスケ部は、突然のことで動揺を隠せませんが、哀川が挨拶からみんなの名前をと話すと、杏崎は知っているから構わないと全員の名前を言います。

いつも通りの練習を始めるように話す杏崎ですが、藤原だけは別メニューでやってもらうと伝えます。

驚く哀川たちですが、杏崎は藤原の膝をしっかり治す方が先決だと話し、反発する藤原にインターハイを目指すなら故障者がいるチームは弱いと告げます。

体育館から立ち去る藤原、心配する石井たちや夢津美らを一蹴するように、杏崎の冷静で厳しい言葉が続きます。

不穏な空気になる選手たち、杏崎の言葉が頭をよぎる藤原が部室にかえってくると、男子バスケ部の部室がめちゃくちゃにされていました。

部室内には、バスケ部の3年生たちが数人、その内の一人が藤原に対して高校でバスケができなかった鬱憤を当たります。

その頃、体育館では杏崎が男子バスケ部の、練習メニューについて説明をしていました。

第16話 古傷の痛み

一方的に上級生から暴力を受ける藤原、練習をしていた哀川が突然、腹痛を訴え体育館を飛び出して行きます。

心配した哀川は嘘をついて藤原を探しに来たのですが、めちゃくちゃになった部室をみて、傷ついた藤原を見つけます。

藤原の身勝手な行動に、哀川は藤原を叱責しますが原因が分かると、藤原の弱気な発言に対して素直な自分の想いを伝えます。

藤原は自分の古傷と素直に向き合おうとしていた事が分かり、打ち解ける二人。

 

杏崎を呼び出し、事情を説明し治療に専念する事を確認しているところに、男子バスケ部顧問の桑野があらわれ皮肉をもらします。

哀川は練習に戻り、ほか部員たちに嘘の事情を説明し、三浦に男子バスケの前キャプテンについて教えて欲しいと相談します。

女子バスケ部OGと練習する夢津美たちバスケ部ですが、練習中、集中できてない様子の夢津美を心配し、森高が帰りに藤原の家に一緒に行こうと声をかけます。

練習後、夢津美たちは藤原の家に向かっているなか、杏崎の言った事を気にする様子の夢津美を励ます森高。

しかし、二人が藤原宅で見たのは、藤原と杏崎が二人でいるところでした。

>漫画『DEAR BOYS』4巻を今すぐ読む!

※【期間限定】無料巻あり!キャンペーン終了の場合はご了承ください。(2020年7月26日)

漫画『DEAR BOYS』4巻 まとめ

劇的な初勝利をおさめた瑞穂男子バスケ部、成田中央とのインターハイでの対決を約束します。

あまり目立たない石井君の、ブザービートは意外でしたけど。

初勝利後から、雰囲気が良くなる部員たちですが、上級生たちのバスケが高校生活でできなかった鬱憤が、直接的に原因の藤原に集中します。

 

謎のマネージャー杏崎、藤原やみんなを知りつくしているかのような分析力。

ちょっと怖いですけど、本当は一番に男子バスケ部の事真剣に考えているのかもしれません。

上級生との確執に、夢津美と藤原。杏崎の三角関係が一体どういった決着を見せるのか、今後の展開が非常に楽しみになってきました。

人気漫画の最新刊が無料!

マンガもアニメも無料で楽しむ!

全話無料で漫画を読む

漫画アプリで全話無料で読む!

-スポーツ, 完結マンガ, 実写ドラマ・映画・アニメ化

Copyright© OREMANGA , 2020 All Rights Reserved.