スポーツ 完結マンガ 実写ドラマ・映画・アニメ化

漫画『DEAR BOYS』7巻ネタバレや感想、無料で読む方法など

『DEAR BOYS』7巻では、選抜予選決勝を見て刺激を受ける瑞穂男子バスケ部は、公式戦に向け冬合宿の為練習にも熱が入ります。

3年生との確執が少しずつ緩和され、バスケットに対しての想いは一緒だと練習相手を願いでる哀川。

哀川たちと3年生たちとの練習試合が始まり、圧倒する哀川たちですが近藤の粘りから3年生たちも意地をみせます。

勝負の後半戦、このままでは終われない3年生たちの奮起に期待します。

 

『DEAR BOYS』7巻では、第25話~第28話までが収録されています。

6巻ネタバレ
漫画『DEAR BOYS』6巻ネタバレや感想、無料で読む方法など

『DEAR BOYS』6巻では、精神的な悩みを克服し、選抜予選を見事勝利した瑞穂女子バスケ部の夢津美たち。 お互いの些細な誤解も解決して、これからますますバスケも恋愛も発展しそうです。 瑞穂男子バスケ ...

続きを見る

U-NEXT31日間の無料トライアルで、600円分のポイントGET!
まんが王国
マンガ好きも納得無料漫画が3000作品以上!
ebookjapan会員登録なしで無料漫画が読み放題!
 

第25話 WEAK POINT

ハーフタイム、チーム結成間もない哀川たちを絶賛する五十嵐、後半戦の作戦をトライアングルツーに決め、哀川以外の選手の課題を攻めるようにします。

後半開始、五十嵐たちのトライアングルツーに動揺する哀川たち、3年生の狙い通り哀川以外の課題がうきぼりになります。

試合慣れしている3年生たちの巧妙なプレイに、哀川と藤原をおさえこまれた2年生チーム。

課題からの焦りで徐々に点差を詰められ、あっという間に3点差になり藤原は哀川にゲームをリードするように頼みます。

哀川は攻撃の際に、三浦の空いたスペースに気づき、シュートをするように指示し3Pシュートを放つ三浦。

見事にシュートは決まり、後半戦手こずっていた得点がやっと動きます。

 

>漫画『DEAR BOYS』7巻を今すぐ読む!

※【期間限定】無料巻あり!キャンペーン終了の場合はご了承ください。(2020年7月26日)

第26話 BATTLE

哀川の指示で少しずつ、3年生たちのリズムが崩れはじめ、各選手が予測を上回る動きをします。

ゲームの流れが変わり、哀川以外の選手たちが今までになかった動きをする事で、トライアングルツーが機能しなくなります。

見えなかった部分を、哀川の指示で修正した2年生たちはゲームの中で確かに成長していました。

3年生たちは、成長している2年生たちの強さが、哀川の指示とはいえ対応も早い事に驚き強いと感じています。

 

藤原のパスをダンクにもって行く石井、彼の積極性はウィークポイントじゃないと哀川が後押しして、弱気な石井にアドバイスをかける哀川。

惜しくもダンクシュートは外れますが、その外れたリバウンドをそのまま哀川がお手本のようなダンクシュートを決めてみせます。

哀川たちの実力を認めざるを得ない3年生たち、瑞穂での最後のバスケに残り30秒気合いが入ります。

第27話 夢を継ぐもの

五十嵐に藤原との1対1の勝負を訴える近藤、3年生たち全員がその想いを理解しています。

藤原に最後は近藤でくるかもしれないと予想する哀川、ディフェンスにも自然と力が入ります。

最後のパスが五十嵐から近藤に渡り、藤原との1対1に望む近藤は気持ちで藤原を抜くことができました。

強い気持ちでシュートを放つ近藤、決めさせないとブロックに跳ぶ藤原の両者の想いがぶつかります。

近藤のシュートを藤原がブロックショット、その時点で試合の終了が杏崎から告げられました。

勝利に喜ぶ哀川たち、近藤は立ち上がることができず悔しがり、がっくりと肩を落としてています。

整列し氷室から2年生たちの勝利が告げられ、氷室は3年生たちに感謝を伝えます。

 

五十嵐は自分の想いを伝え、哀川たちならインターハイに行ってくれると夢を託します。

それぞれに互いの想いを語る3年生と哀川たち、このゲームの中で個人の課題が見つかったようです。

一人悔しがる近藤、そこに藤原があらわれ落ち着いた近藤は、藤原に先輩としてアドバイスを送ります。

何も言わず深々と頭を下げる藤原、その後、杏崎がゲームで使用したボールを近藤に渡し感謝を伝えます。

ゲームで分かった各自のウィークポイント克服を重点において、先輩たちの分も練習に気合いが入る哀川たち。

第28話 二人の休日

全国高校選抜優勝大会が始まり、瑞穂女子バスケ部は初戦は突破しますが、三回戦は優勝候補に負けてしまいます。

男子バスケ部は、練習後に全国選抜大会の結果を見て、話し合っているなか杏崎があらわれ、瑞穂男子はまだまだそのレベルにないとハッキリ告げます。

新人戦の強豪に目を向けるべきだと冷静に伝える杏崎、神奈川県のチームを倒さないと行けないインターハイの壁の高さを感じます。

その頃、哀川は氷室と一人シュート練習をする森高を見守っています。

選抜で負けた悔しさから、毎日のように居残り練習をする森高、哀川は心配し森高に話しかけます。

悩みを打ち明ける森高、哀川は的確なアドバイスを伝え、翌日一緒に遊びに行くことを提案します。

 

二人でデートする哀川と森高、公園で一日を振り返る二人に雪が舞い降りてきます。

すると突然、時計を見てバイトの時間を告げる哀川、心配する森高は自分の想いを告げ、哀川は森高を優しく抱き締めキスをします。

哀川は、森高に出会えたこと瑞穂に来て良かったと伝え、森高はおさえられない自分の気持ちに葛藤しています。

バイトを終え帰宅した哀川、自宅の鍵が空いている事にびっくりしますが、家にいたのは哀川の姉と甥っ子でした。

転校した哀川を心配する姉、今の気持ちを姉に伝える哀川ですが、哀川は姉たちが寝静まった頃、一人天童寺について考えていました。

>漫画『DEAR BOYS』7巻を今すぐ読む!

※【期間限定】無料巻あり!キャンペーン終了の場合はご了承ください。(2020年7月26日)

漫画『DEAR BOYS』7巻 まとめ

3年生たちとの練習試合に勝利した哀川たち、哀川以外の選手たちの課題が分かりますが、試合の中で修正できるポテンシャルの高さを感じます。

複雑な想いのなかで、上級生の想いを引き継ぐ藤原たち、バスケを通じて互いに分かり合えたような気がしました。

バスケって本当に最高ですよねって、感じさせるエピソードでした。

親密さを増す哀川と森高、高校バスケのスーパースターと付き合うって、個人的にはプレッシャー大きいですよね。

哀川の天童寺に対する想い、主人公の謎多き部分が今後徐々に解き明かされて行く事を期待します。

人気漫画の最新刊が無料!

マンガもアニメも無料で楽しむ!

全話無料で漫画を読む

漫画アプリで全話無料で読む!

-スポーツ, 完結マンガ, 実写ドラマ・映画・アニメ化

Copyright© OREMANGA , 2020 All Rights Reserved.