スポーツ

漫画『DAYS』1巻ネタバレや感想、無料で読む方法など

作中にも登場する桜木高校の犬童かおる、成神蹴治を描いた物語『振り向くな君は』の漫画家安田剛士が、何のとりえもなく、いじめられっこの柄本つくしが、ひょんな事から中学時代から天才と名を馳せたが、周囲の環境に恵まれなかった風間仁と出会う事で、サッカーの素人のつくしが、サッカーの強豪校聖蹟高校で、旋風を巻き起こすサクセスストーリーが描かれています。

物語は、同級生にいじめられていたつくしを風間が助けた所から始まり、助けたお礼としてつくしをフットサルに誘った事により、サッカーにはまり、今まで家庭環境から部活もした事がなかったつくしが、風間と一緒にサッカーがしたくて、全国的な強豪校のサッカー部に入部してしまいます。

果たして、つくしはどう成長を遂げるのか楽しみな作品です。

 

『DAYS』1巻には第1話から第5話が収録されています。

U-NEXT31日間の無料トライアルで、600円分のポイントGET!
まんが王国
マンガ好きも納得無料漫画が3000作品以上!
ebookjapan会員登録なしで無料漫画が読み放題!
 

第1話 土と風

聖蹟高校に合格した柄本つくしは、一つ年上の幼馴染の橘小百合がバイトするハンバーガショップに報告に行くと、中学時代つくしをいじめていた坂井、野口に絡まれている所を、その場に出くわした風間仁に助けられる。

 

風間にフットサルのメンバーに誘われるも、運動音痴と信じて疑わないつくしはその誘いを断ると、メンバー探しに付き合ってほしいと頼まれて、小百合と3人で探す事になるが、全く見つからない事で、つくしは人数合わせでいいならとフットサルのメンバーを申し出た事で、初めて小百合以外の人と電話番号を交換する事になる。

 

夜、約束の場所に向かおうとするつくしの前に、再び現れる坂井、野口に風間の元に行かせてくれと頼むが、馬鹿にされた挙句引き止められてしまう。

 

その頃、風間と小百合は、フットサル場でなかなか現れないつくしを待つが、風間はバスも電車も止まるほどの嵐で来られなくなったのではないかと言うが、小百合はつくしも事を知り尽くしている為、絶対に来ると言い張る。

 

そんな二人の元に、嵐の中10キロも走ってきたつくしが現れると、風間は事故に合うかもしれなかった事を怒るが、約束を果たそうとしたつくしに対して、心の底から誘って良かったと思い、その思いを感じたつくしは安堵する。

 

そして、このフットサルが、つくしの運命を変える。

>漫画『DAYS』1巻を今すぐ読む!

第2話 芽吹き

初めてのフットサル場に興奮するつくしだが、風間にトレーニングシューズを貰った事で興奮するも、今回のチームメイトが年上の社会人の栄二たちに一時は驚くが、優しい一言に安堵する。

 

試合が始まると、全くサッカーをした事のなく、まともにボールも蹴る事も出来ないつくしに、栄二の転勤前最後の試合で負けたくないメンバーはがっかりしている事に、つくしは落ち込むが、風間の一生懸命走る事でみんなに信用されるという一言に、ひたすら関係もない所を走り続ける。

 

そんなつくしは、フットサル場に来る途中、足の親指の爪を怪我していて、靴まで血だらけになるも、チームメイトにがっかりして欲しくなくて、痛くないと強がり、痛いであろうという事で、もう頑張らなくていいと言われたにも拘らず、後半もただ一生懸命走る事に徹する。

 

徐々に、走る事でチームに貢献し始めたつくしに、それに応えようとする栄二達に、逆転のチャンスが訪れるも、一歩抜き出た風間もキーパーのチャージに合い、チャンスがつぶれたと思いきや、走り込んでいたつくしが、ゴールポストにぶつかりながらも、こぼれ球をゴールに流し込む事で逆転する。

 

終了後に、風間は久し振りにサッカーボールを蹴る事で、自分だけ楽しんでしまい、つくしが楽しめたか気になり尋ねると、つくしは下手な自分を誘った風間が怒られないかだけが心配で、風間が楽しめた事をただただ嬉しく思い、そんなつくしを風間は友達として好きになっていく。

第3話 片鱗

聖蹟高校に入学してホームルームの自己紹介で緊張のあまり何もしゃべれなかったつくしを笑う風間は、つくしにあげたトレーニングシューズの靴底がすり減っていない事で、つくしはあれから何もしないまま、名門のサッカー部に入ろうとしていると思い込む。

 

練習初日、新入生は100本のシャトルランであったが、全くやった事のないつくしは20本を過ぎたあたりで気絶してしまい、キャプテンの水樹に向いていないから諦める様に言われてしまう。

 

練習後、何のスポーツも経験していないつくしが、自分がフットサルを誘った事で、つくしに負担をかけてしまったと思い込んでいる所に、小百合が現れて、風間をサッカーのグラウンドに連れて行く。

 

そこには、キャプテンの水樹とふらふらになりながらもシャトルランをしているつくしがいた。

 

そんなつくしの足の裏がマメの上にマメが出来ているのを見た風間は、上げたシューズの靴底がすり減っていない事で、全く走っていないと思い込み、つくしを切り捨てようとした自分を恥じて、つくしが本当はすごい奴だと感じる様になり、また風間と再びサッカーをする時の為に、シューズを使わなかったと話した事に対して、嬉しく感じる。

第4話 母と子

足の不自由な母親に、部活を始める事をちゃんとはなしていなかったつくしは、母が務める保育園に行き、部活を始めていいかと尋ねると、気付いていた母はつくしの運動神経のなさを心配するも賛成する。

 

しかし、名門校なだけにお金がかかる事を心配するつくしに対して、家を売ってでもどうにかするからと、つくしの背中を押すも、化粧をしっかりして着飾ってくる保育園児の母親たちを見て、自分の母親が我慢をしていると思い込んだつくしは、やはりサッカー部に入るのを諦めて、母親の傍にいると言い出し、その事は父親が死んだ事で泣き崩れる母親を見た時から決めていた事だと話す。

 

そんなつくしに対して、母親は風間という親友が出来て、変わろうとしているつくしの背中を押す。

 

つくしは、今まで傍にいてくれた事、守ってくれた事、そして母親でいてくれた事を涙ながらに感謝しつつ、サッカー部に入る事を決意する。

第5話 一員

上級生に理不尽な事をやらされるのは、体育会系の性だが、今年に関してはつくしが足を引っ張っている事に気付いていた1年生達は、風間の親友であるつくしに何も言えないでいたが、とうとう来栖が頭にきて、つくしに暴言を吐く。

 

次の日の練習後、いつもならば外周を走らされる筈なのに、走らされない事と、つくしだけ外周を走っている事に違和感を感じていた1年に対して、水樹はつくしから休み時間に、今まで部活をやった事のないけれど、ただみんなで部活をする事が楽しいから、みんなに迷惑をかけたくないから、全員分自分が外周を走るから、他の1年生を走らせないでくれと頼まれたと話す。

 

言ったはいいが、1人で走る事が苦しいと思い始めたつくしの元に、他の1年生も一緒に走り出す。

 

その様子を見ていた監督は、全然走れていないつくしを見て、未だに辞めていないのかと、水樹に問いただすも、水樹は2年後はつくしがチームを引っ張っている存在になっていると断言する。

>漫画『DAYS』1巻を今すぐ読む!

『DAYS』第1巻のまとめ

運動音痴で何も取り柄のない柄本つくしは、いじめっ子の同級生から助けてくれた風間仁と出会い、フットサルをする事で、風間とサッカーがしたくて名門聖蹟高校のサッカー部に入部する。ただひたむきで献身的なつくしに、風間やキャプテンの水樹は一目を置き、チームメイトも信頼を置く様になる。

人気漫画の最新刊が無料!

マンガもアニメも無料で楽しむ!

全話無料で漫画を読む

漫画アプリで全話無料で読む!

-スポーツ

Copyright© OREMANGA , 2020 All Rights Reserved.