ヒューマンドラマ 実写ドラマ・映画・アニメ化 歴史・時代劇 泣ける漫画

ヴィンランド・サガ24巻ネタバレや感想など|剣の持ち込み禁止⁉

『ヴィンランド・サガ』第24巻は、トルフィン達はヴィンランドに向かう為、船旅の準備を開始していました。しかし、予定航路を確かめて欲しいと頼んだレイフの息子ギョロは旅に行かないと言ったり、トルフィンが出した旅に向けての条件に文句を言う者もおり、一筋縄では行きません…。

 

漫画『ヴィンランド・サガ』24巻には第167話~第175話までが収録されています。

23巻ネタバレ
【おまけ付】ヴィンランド・サガ23巻ネタバレや感想など|シグルドがカッコイイ

NHKアニメも非常にクオリティが高く評価の高い『ヴィンランド・サガ』の23巻が発売されましたー! 23巻ではヨムスボルグ戦士団と戦った後の、グズリーズを追いかけてきたシグルドの生き様が描かれています。 ...

続きを見る

U-NEXT 31日間の無料トライアルで、600円分のポイントGET!
まんが王国 ほとんどの作品が10%オフ!無料漫画も3000作品以上!
コミック シーモア BL大人女子向け!7日間完全無料で読み放題!
ebookjapan 会員登録なしで無料漫画が読み放題!
DMM/FANZA 大人系・同人作品が国内最強!

第167話 西方航路①

トルフィンは、またも兵士の死者達に引きずられガケを登る事ができずにいる夢を見てうなされ、目を覚まします。翌朝、トルフィンやレイフ達一同が集まって、次の旅に向けて計画を練っていました。

彼らが目的とするヴィンランドに到着するまでには約6週間かかるうえ、グリーンランド周辺の海が流氷に閉ざされたり、旅先では食料となる麦蒔きや住む場所の確保が必要等、気候や時期のタイミングも考えなければならなりません。

話し合いの結果、次の年の春になり流氷が消えるのを待ってから、アイスランドを出発する事で一同は合意しました。

 

トルフィンは早速、レイフに旅の準備を持ち掛け、人を集める様にお願いします。続けてトルフィンは、レイフの息子・ギョロにも夏の間に旅の航路を前もって確かめて欲しいとお願いするも、当の本人は“なんでオレが?”と目を丸くして言い出します。

更にギョロは、“そういうのはヴィンランドに行く奴の中から頼まないとだろ、オレがコースを把握しても意味ねェじゃん”とヴィンランドに行く意思が無い事を伝え、トルフィンや周囲は唖然とします…。

 

ギョロとしては、突然用事を任された感じで、彼の言い分も無くもないでしょうね。また彼はかなり面倒くさがり屋である事が感じられ、現代人と似ているかも知れません。

>漫画『ヴィンランド・サガ』24巻を今すぐ読む

第168話 西方航路②

旅に向けてレイフが集めた民衆の前にトルフィンが立ち、自己紹介をした後に先ずこれから先の生活に不安を抱えている者はいるか聞くと、みんなそうだとそこにいた者達は笑って答えます。

トルフィンも苦笑いするも、直ぐに表情を変えて、奴隷身分や迫害に苦しんでいる者、争いや復讐または暴力の欧州に疲れ果てている者、どこかへ逃げたいと切実に思っている者はいるかと尋ねると、周囲は一気に静まりかえります。

しかしトルフィンはそういう者を求めていると話し、西の大海の彼方にあるヴィンランドという土地を開拓し、戦争や奴隷の無い国を目指している事も話します。

 

更にトルフィンは、“剣はヴィンランドには要らない、私達の船に剣は載せません、開拓団に参加を希望する方はお持ちの剣をあらかじめ処分して来て下さい”と述べ、その言葉に一同は驚きます。何故なら村の者にとって、剣は身を守るだけではなく狩り等の日常で手放せないものだったからです。

グズリーズも本当に人が集まるか半信半疑でしたが、エイナルは主旨を分かってもらう事が大事だとトルフィンに賛同しました。

その夜、トルフィンのもとへある人物が訪ねてきます…。

 

トルフィンの様に、聴衆に向けて常識に囚われない事を語り、自ら行動に出る者がリーダーとして必要と思われます。新しい事をすれば、イーヴァルの様に批判する者もいる事も確かです。

 

第169話 西方航路③

トルフィンのもとを尋ねたのは、三つ編みに巨体な姿の若者・ハルヴァルでした。トルフィンはハルヴァルを招くも、グズリーズら周りの者はハルヴァルを好奇の目で見ていました。

ハルヴァルは、自分が奴隷で逃げて来たと言い、“逃亡奴隷”でもヴィンランドへ行けるかと聞いたのに対し、トルフィンは“もちろん、行きたいと願う人は誰でもでもです”と答えます。

 

またトルフィンはハルヴァルに対し、“所有者”と話をつけなければならないと言い、どこから来たのか、ハルヴァルに尋ねます。ハルヴァルが“ハーフダン様の…”と言い始めた時、トルフィンの姉が急に止めに入ります。

彼女は、ハーフダンがらみのイザコザはお断りだと言い、ハルヴァルの受け入れを拒否します。それに対しトルフィンやエイナルらがフォローし、ハルヴァル自身も力(仕事)が取り柄だと話します。

またハルヴァルは、“男の人と相部屋なのが恥ずかしいんです…”と自身が女性である事を告白します。そしてハルヴァルは、自身のこれまでの経緯を話し始めます…。

 

成長と共に幼少期とはまた変わって来る事はありますが、コーデリアは特に別格だと思いました。コーデリアはかなり不幸な運命のもとで育ち、その事を聞き号泣するトルフィンの姉の感情もかなり激しいものと思いました。

 

第170話 西方航路④

トルフィンがハルヴァルを受け入れた矢先に現れたのは、彼女の「所有者」であるハーフダンでした。彼は、トルフィンがハルヴァルの事を話し始めようとしたところを止め、彼女を連れて帰ろうとします。

トルフィンはどうにか彼女を引き止めようとするも、ハーフダンは聞き入れる事なく、またトルフィン達がハルヴァルを彼女の本名である「コーデリア」と呼んでいる事も気に入らない様子でした。

 

エイナルが、コーデリア(以降本名)を解放するにはいくらかかるか聞くと、ハーフダンは“羊80頭”とかなりの高値を告げます。

ハーフダンが告げた価格にトルフィン達が頭を悩ますなか、コーデリアは自分の考えが甘かった、迷惑を掛けたくないと言い、ハーフダンと共にそこから去ろうとします。するとトルフィンが“私は牛2頭でした”と言い、自分が奴隷だった事を告白します。

 

そして必死に働き、自分自身を買い取り、“自由”を手に入れたと話します。また共に働いていたエイナルと一緒に、3年で農家5~6軒分の土地を開墾したとも告げます。

そんなトルフィンの話に対して、ハーフダンは表情変えずここでは通用しない、アイスランドでは切り開いて畑にできる土地は無いと答えます。

それに対し、トルフィンは“ハーフダンさん、ヴィンランドに農場を持ってみませんか?”と笑顔で聞いて来ます…。

 

コーデリアがハーフダンに連れて行かれそうでも、最後まで諦めず交渉しようとするトルフィンを見て、こういう者が現代にも必要なのかなと思いました。一方でハーフダンに“パワハラじじィ”等と周囲がヤジを飛ばす場面は、今と対して変わらないなと感じました。

 

第171話 西方航路⑤

港で船旅の準備が始まっているなか、グズリーズは船員から大きな舵を見せられ驚くも、その舵はヒルドが作った事を聞かされ、更に驚きます。

グズリーズは一人歩きながら、一匹狼だったヒルドが手助けをしてくれるまでに変わった事を思い、トルフィンも赦してもらえるだろうかという淡い期待を抱いていました。

 

更にグズリーズはスキップしながら、“トルフィンあんなにカッコいいしィ優しいしィ”と恋慕うトルフィンに酔いしれている様子でした。そこへ彼女の頭に一本の矢(先は布でくるまれている)が当たります。打ってきたのはクルリで、グズリーズに寄って来ます。

クルリは、ヒルドが作ってくれたという弓矢を見せ、またヒルドが作った(動物の絵が描かれた)的に向けて打っていました。またクルリのボロボロになっていた靴も直しており、ヒルドの器用さに圧倒された

グズリーズでした。その後、当の本人に会い直接お礼を言ったグズリーズでしたが、トルフィンのもとへ、数人の男達が集まって来ているのを目にします。彼等は開拓団の参加希望者達で、ある条件をトルフィンへ突き付けて来ます…。

 

ヒルドは時間をかけて周囲と打ち解けていく者もいる事がわかり、不器用ながらも自分の道を歩んでいると感じられます。クルリが発する若者っぽい言葉には心が和みますが、将来どんな感じになるかちょっと怖いですね。

 

第172話 西方航路⑥

トルフィンのもとへ、“ヴィンランドへ剣を持って行く”と言う事を聞かない旅の参加希望のイーヴァルら数名が訪れていました。

イーヴァルは、ヴィンランドでは自分達の言葉は通じないうえ、イザコザが起きた時に剣が必要だと主張するも、トルフィンは表情変えず“ダメです、ヴィンランドに剣は持って行けません”と答えます。

 

それでもイーヴァルは、相手側が武装していたらこっちも武装しておく“バランス”が大事だと伝え、“じゃあいいな?持ってくぞ、ヴィンランドにこの剣を”と話すと、トルフィンは無表情で“ダメです”と答えます。

イーヴァルは怒りを露わにし、背中の剣を抜きトルフィンに向けようとして二人の仲間に止められます。トルフィンは、剣にこだわる気持ちは分かると言う一方で、剣には“人を惑わす魔力もある”と告げます。

そして、“持つ者に囁きかけてくるんです、「さあ今だオレを抜け!」「オレを使うんだ!」と…ひとりが抜けばみんな次々に剣を抜く、その後は地獄が待っている”と語り出したトルフィンの言葉に、周囲は耳を傾き始めます…。

 

トルフィンはイーヴァルに対し、冷静に話している反面、心を鬼にしている様に感じられます。そうでないと、自分の思いを貫き通す事が無理と考えているのではないでしょうか。

 

文章ではなく、やっぱり漫画で読みたい方にオススメ

『ヴィンランド・サガ』全巻無料で読めるか調べた結果…

※お得なサービスを見つけました!!

 

第173話 西方航路⑦

トルフィンはハーフダンのもとを訪れ、旅に必要な馬と羊を買い取ります。その際に、ヴィンランドなら金銀が出るかも知れないから、コーデリアの事を検討してくれないかとハーフダンに伝えます。

ハーフダンの方も、“買っとけ、格安にしといてやる”と部下に引かせたリヤカーに積まれた多くの鎧や武器を見せ、トルフィンは苦い顔をします。

 

“オレもヴィンランドに投資する、オレの財産の保護のためにも武器は必要だ”というハーフダンに対し、トルフィンはイーヴァルが訪ねて来た事を話します。ハーフダンはイーヴァルの言う通りだと述べ、トルフィンがやろうとしている事は「実験」だと告げます。

“お前が剣を捨てるだけで平和になるなら苦労は要らねェ、暴力は否定するものじゃねェ、制御(コントロール)するものだ”と言い、ハーフダンはトルフィンに剣を向けて来ます。

そして“今からてめェを斬る”と言うハーフダンに対し、トルフィンは…。

 

ハーフダンから上手い“商売”の話を持ち掛けられても曲げない、トルフィンはとても芯が強い事が伝わって来ます。そのうえ、ハーフダンの言葉から新しい方法を見つけ出したので、かなりの“商売上手”な事が分かります。

 

第174話 西方航路⑧

ハーフダンからコーデリアの旅の参加許可が出て、トルフィン達が出発の準備を始めた矢先、ハーフダンがトルフィンの前に現われ“オレの養子にならんか、オレの縄張り(シマ)を継げ”と言ってきます。

ハーフダンは、自分には後継ぎがおらず、傘下である全農場の経営一切をトルフィンに任せると告げます。突然の報告にトルフィンは動揺しつつ、エイナル達のもとへ相談しに行きます。

 

不安を感じるトルフィンに対し、エイナルはややこしい事になりそうと言うのに対し、コーデリアはいい話ではないかと言い、意見が分かれます。

トルフィンは、後継ぎの話は一旦持ち帰って検討する事にしようと決めた時、海の向こうから船がやって来ます。

 

船に乗っていたのは、シグルドと彼の妻、そして生まれて間もない子供ニャールでした。シグルド達は自分の子供ニャールをハーフダンに見せます。ハーフダンがニャールを抱き抱えると、ニャールがちょっと喋ります。

その瞬間、ハーフダンは“百年にひとりの天才かもしれん”と言い出し、周囲の前でニャールを持ち上げ“者どもしかと聴け、オレはこのシグルドの子ニャールにオレの全財産の相続権を与える、この場にいる全員が証人だ”と叫びます…。

 

ハーフダンは威厳がある一方で、凄い“気分屋”な事が分かりますが、こんな人は案外結構いるかもしれません。ちょっとした事で心変わりされ、これまでの苦労は何なの?…てな感じで…。

>漫画『ヴィンランド・サガ』24巻を今すぐ読む

第175話 西方航路⑨

長い冬を経て、春が来て西方航路を閉ざしていた流氷が消え、港では旅の準備は終わろうとしていました。船旅に同行するコーデリアに対し、シグルドの妻がある物をプレゼントします。それは、彼女の母親がコーデリアのサイズに合わせて作ってあげた女性向けの服でした。

思わぬ贈り物に対しコーデリアは思わずシグルドの妻を抱きしめ感極まって涙しました。その様子を見ながら母親も“体に気をつけてね”と優しく声を掛けるのでした。

 

港では大きな船が5隻も用意され周りの期待が膨らみます。グズリーズはイーヴァル達へ剣はどうしたか聞くと、イーヴァルは体を覆っていた布を広げ“処分したぜ”と言うと、グズリーズはあっさり乗船を許可します。

彼女がいなくなるや、イーヴァルは仲間の一人に岩に隠してあった布や紐で巻かれた棒状の物を持って来させます。

トルフィンは乗船する者に声を掛け、“楽しくやりましょう皆さん、ヴィンランドを楽しい国にしましょうね”と告げます。そして号令を任されたカルリが“しゅっっぱーつ!!”と叫び、船はヴィンランド目掛けて出発の時を迎えようとしていました…。

 

トルフィンは皆でいる時と一人の時との顔のギャップが激しい様に感じました。それは、これからの旅に光と影がある事を思わせる感じですね。

激熱!マンガが40%常時セール中!10冊買ったら4冊無料…

漫画やアニメが好きで、月に1,000円以上の漫画を購入する方にオススメ。毎回40%オフの特別セールが常時開催中!10冊買ったら4冊無料…ってヤバすぎてビビります。

続きを見る

知らなきゃ損する!漫画好きのための電子書籍サービス

スマホがあればどこでも漫画が読める!電子書籍サービスが浸透してきていますが、本当に便利な電子書籍サービスを使っていますか?

ここからは実際に利用してみて便利でお得な電子書籍サービスを厳選してお話します。

初回50%クーポンアリ!『ebookjapan』

漫画が読みたいならebookjapan一択です。2000年から運営をしている電子書籍サービスで、Yahoo!グーループの会社になるので安心して使えます!

『三国志』など他の電子書籍サービスにはないコミックなど品ぞろえは断トツ!

しかも、無料登録で2000冊以上の漫画を無料で読めたり、初回限定で50%オフのクーポンももらえるといった太っ腹。

期間限定で全巻無料キャンペーンもしていたりするので、お得に漫画を読みたい方は登録必須です!

今すぐ2000冊以上の無料漫画を楽しむ

ebookjapan 公式サイト

※クーポンなど忘れずにチェックしよう♬

 

初回50%オフクーポン+ほぼ消費税分オフの『まんが王国』

無料で読める漫画がなんと3000冊以上!業界大手の『まんが王国』は無料登録で従量課金コース(購入した分だけ金額が発生)と月額コースとが選べるので、無料会員登録をしておいてデメリットがないので安心です。

しかも、登録時にお得な半額クーポンがもらえます!

また地味にお得なのが、ほとんどの漫画で消費税が無いです。 消費税10%オフということは、これって10冊買ったら1冊無料ってこと。地味にヤバくないですか?

無料登録で3000冊以上の漫画を読む!

まんが王国 公式サイト

※半額クーポンも忘れずにもらいましょう♬

CMではやってないけど実はBL・TLが得意の『コミックシーモア』

15年以上続いている電子書籍ストアの老舗『コミックシーモア』はNTTグループで安心して使えます。

TVCMでは言ってないですが、実は女子向けBL・TL漫画が豊富ですw

そして、シーモアの特徴は読み放題プランが2種類あるということ。

しかも、お試し7日間無料なので、どんな漫画が無料で読めるのか一度チェックしてみると良いですよ♬

漫画の読み方によってプランがわかれているし、更新頻度が高いのでかなり楽しむことが出来ます。

7日間の無料期間でサービスを使い倒そう!

コミック シーモア公式サイト

※読み放題の作品数がハンパないです。

  >【厳選】おすすめの無料漫画アプリランキング
 

-ヒューマンドラマ, 実写ドラマ・映画・アニメ化, 歴史・時代劇, 泣ける漫画

Copyright© OREMANGA , 2022 All Rights Reserved.