ホラー・サスペンス

【ホラー好き必見】カラダ探しのネタバレやあらすじ感想など

更新日:

カラダ探しとの出会いは、タイトルを一目見て、恐らくホラーなのだろうと予測しての事でした。

予想の通りホラー漫画でした。

もともとホラーやアクション漫画好きでしたので、1話ごとにのめり込んでいきました。

シチュエーションが夜の学校というだけで既に怖いのに、そこに赤い人と呼ばれる返り血で真っ赤に染まった少女が校内をうろうろしています。

少女が返り血で真っ赤に染まっているのがなお一層怖さを助長します。

赤い人に人が殺されるシーンが多々出て来ますが、その殺され方が頭をもぎ取られたり体を真っ二つにされたりとグチャグチャで、かなりグロテスクです。

ホラーやスプラッタがお好きな方には超オススメします。

単にグチャグチャドロドロしているのではなくストーリーも重厚で、きちんと練られているのでストーリー重視の方にもオススメします。

【カラダ探しで検索!!】


>>無料試し読みはコチラ

カラダ探しのあらすじやネタバレ

どこの学校にも一つや二つは存在する「学校の怪談」。

「赤い人」の話しも、ある高校での怪談の一つに過ぎませんでした。

赤い人は放課後の校舎に現れる

赤い人は一人になった生徒の前に現れる

赤い人を見た者は校門を出るまで決して振り返ってはならない

振り返った者は赤い人に体を八つ裂きにされて校舎に隠される…

殺された者は次の日に皆んなの前に現れて「カラダを探して」とお願いする

「カラダ探し」は拒否ができない

「カラダ探し」の最中にも赤い人は現れる

「カラダ探し」はカラダが見つかるまで行われる

「カラダ探し」は死んでも死ねない…

というものでした。

ある日、6人の生徒はクラスメイトの女子に奇妙な「お願い」をされます。

「ねえ、私の体を探して。」と。

そんな奇妙なお願い全員気にもしませんでしたが、その日の深夜12時に気がつくと学校の校舎の前にカラダ探しをお願いされた6人は居ました。

夜の校舎で行われるカラダ探しの始まりでした。

校舎の中には赤い人がウロウロしており見つかると惨殺されてしまいます。

カラダ探し中に赤い人に見つかり殺されたらその日のその人のカラダ探しは終了します。

殺された瞬間に目が覚めて朝になっているのです。

一瞬夢かと皆思いますが殺された時の痛みや体に残ったアザが現実であることを突きつけてくるのです。

そして、目覚めた朝はカラダ探しを級友から頼まれた日の朝です。

カラダ探しを頼まれた6人は同じ日を繰り返し、毎晩カラダ探しをしては、赤い人に殺されるというのを級友のバラバラにされてしまった体を全部見つけるまで続けなければならないのです。

何故、カラダ探ししなければならないのか?

そもそも赤い人とは何なのか?

様々な謎がありますが、カラダ探しを続けるうちに謎が明かされていきます。

最初のうちはこの異常な状況下で仲違いをしてしまい一致団結にとはいきませんでしたが協力しなければカラダ探しを終わらせられないと感じた6人は協力してカラダ探しに挑んでいきます。

ちょっと、怖すぎる…カラダ探しの感想

ホラーの中でもかなりの怖さかと思います。

夜の学校というシチュエーションだけで、既に怖いと感じますがそこに赤い人という血まみれの少女が虫を殺すように簡単に人を引きちぎって殺していくというのがさらに怖さをつのらせます。

怖いのですが続きが気になって次々と読み進めてしまいます。

毎晩繰り返される惨殺の数々はグロテスクでショッキングです。

回を追うごとに少しずつ明かされていくカラダ探しと赤い人の秘密も物語りに厚みをもたせています。

カラダ探しの謎が解き明かされるのを楽しみに読み進められます。

個人的に一番怖いと思うのは夜の校舎でカラダ探しをしている所でもなく赤い人に人が殺されるところでもなく・・・

級友が毎晩、カラダ探しを頼みに来るシーン。

そこが一番怖いというか、不気味凄く嫌な気分になります。

でも、くせになります。今度はどんな頼み方をするのかが気になるようになります。

【カラダ探しで検索!!】


>>無料試し読みはコチラ

-ホラー・サスペンス
-

Copyright© OREMANGA , 2019 All Rights Reserved.