ラブコメ 実写ドラマ・映画・アニメ化

かぐや様は告らせたい3巻あらすじやネタバレ無料で読む方法

更新日:

「いかに相手に告白させるか」ばかりを考えている、会長とかぐや。

会長の酷すぎる運動音痴や、それを陰ながら支える藤原書記など、イベントも盛りだくさん!今回は、生徒会会計の石上優も初登場。

そして期末テストでは、勉学だけはかぐやに負けたくない会長の結果はいかに!?


>>好きな漫画を無料で読む 読みたい作品名で検索

かぐや様は告らせたい3巻 運動音痴

会長は1人、体育館でバレーボールの練習をしていました。

 

なぜなら、会長は極度の運動音痴だからです!!

長年の新聞配達、夏場の引っ越しバイト、毎日往復15キロの自転車通学ができるほどの体力はあるのですが、絶望的に運動センスがない!

だから、サーブできないどころか、上手くボールを投げる事すらできません!

 

そこに、たまたま現れた藤原書記。

そして、会長の前で洗練された美しいサーブをきめるのです。

5カ国語が喋れるバイリンガルでありながら、運動神経まで良いとは!!

侮れませんね、藤原書記!

 

彼女であれば、無様な姿を見られても良いだろうと、練習相手をお願いする会長。

 

そして、絶望的な運動センスに、さすがの藤原書記もドン引きです。

こうして、藤原書記の的確な指導の下、猛特訓が始まりました!

 

1週間後・・・

バレーボールの授業で、かぐやの前で見事にサーブを決める会長。

振り返って嬉しそうな表情をします。

 

それを見て、不思議そうに手を振るかぐや。

そして、その隣で号泣する藤原書記。

 

そう、あまりの会長の運動音痴さに、教えている藤原書記もとても大変だったのです。

最初は目を開けてジャンプする練習から始まり、サーブ、トス、レシーブと1つ1つ丁寧に教えてきました。

 

運動音痴ですら努力で解決しようとする会長もすごいですが、藤原書記もめちゃめちゃ良い子ですね!

会長はもっと、藤原書記に感謝しても良いと思いますよ!!


>>好きな漫画を無料で読む 読みたい作品名で検索

かぐや様は告らせたい3巻 ネクラでネガティブ

生徒会第4のメンバー、会計 石上優。

彼はデータ処理のエキスパートであり、1年生であるにも関わらず、白銀のスカウトにより生徒会に加入した優秀な人材です。普段、仕事は持ち帰り、生徒会には打ち合わせ程度しか顔を出しません。

 

そんな彼は、「生徒会を辞めたい」と会長に相談していました。

 

実は先週、勘が鋭い石上は、かぐやに何となく質問をしてしまったのです。

 

「四宮先輩って、会長の事好きなんですか?」

 

動揺して、飲んでいた紅茶を吹き出すかぐや。

そして、必死に否定します。

 

「バカな事言わないで頂戴!そんな訳ないでしょう!

むしろ、そんな噂されてメーワクな位です!!」

 

2人はお似合いだと思っていただけに、残念そうな石上。

 

「じゃあ、それとなく会長に伝えておきますよ。脈なしだって。」

 

後ろからかぐやに、襟首をぐいっと引っ張られて窒息寸前になる石上。

「絶対にやめなさい!」と、アタフタするかぐや。

 

それ以来、「暗殺されてしまう」と、かぐやに怯えてしまっていたのです。

 

石上は、観察力が優れているがゆえに、悪気もなく、相手の地雷を踏んでしまうところがあります。踏んでしまうわりには、メンタルが弱く傷付きやすいのです。

 

今回も、かぐやの笑顔の脅しが恐くて、生徒会を辞める事はできませんでした。

 

いつもタイミングが悪く、一言多いので、生徒会の女性陣からは反感を買いやすいです。

あの藤原書記からも、「石上くん、きもーっ」と笑顔で言われ、「あ、死のう」と極度に落ち込みます。リンスを変えたのに気付いたところまでは良かったのですが、それを「臭いが違う」と詳しく解説し始めたのが良くなかったですね・・・

 

おかげで、会長がかぐやがネイルをしているのに気付いたのに、素直に「可愛いな」と言えなくなっちゃいましたよ。

 

けれど、個人的には石上君は好きですね。

まだ1年生なので、今後、生徒会を通して成長してくのが楽しみです。


>>好きな漫画を無料で読む 読みたい作品名で検索

かぐや様は告らせたい3巻 期末テスト

秀智院学園では、年5回試験が実施されます。

 

会長である白銀は、3回連続で学年1位を獲得!

勉学は彼にとって唯一の武器です。

 

何でもできてしまうかぐやに、勉学ですら勝てなくなったら、彼女は遠く見上げるだけの存在になってしまいます。

だからこそ、かぐやと対等であるために、会長にとっては負けられない戦いなのです!

 

けれど、そこは会長。

「試験勉強なんて必要ない。一夜漬けなんてもってのほか。体調を崩すだけだ。

君らは、くれぐれも一夜漬けなんてするなよ。」

 

と、言っておきながら、会長はバイトも休み十夜漬けをしていました!

 

かぐやも共感し「自然体で受けるのが1番でしょう」と言います。

 

が、これも嘘です!かぐやも本気で勉強していました!

なぜなら、勉学に関しては、会長にまだ1度も勝利できていなかったからです。

 

そして、かぐやに赤点を心配されている石上会計は余裕でした。

 

「大丈夫ですよ。今回は、試験勉強はバッチリです。

じゃあ、僕は帰って勉強しますので。」

 

と言いましたが、これも嘘です!

彼は、最近買ったゲームを早くやりたいだけなのです。

そして、普通に赤点をとる。これが石上のやり方なのです!!

 

そして、会長とかぐやの足の引っ張り合いの会話は続き、「必ずしも勉強量が反映される訳ではなし、いっそ勉強しないのもアリ」と言って、それを聞いていた藤原書記は笑顔で言いました。

 

「わたし、勉強しません!」

 

彼女は本気です!

成績が優秀である会長とかぐやの言う事を本気で信じており、おかげで順調に順位を落としています!!

 

そんな攻防戦が繰り広げられる中、期末テストの結果は・・・

 

1位 白銀御行  492点

2位 四宮かぐや 487点

 

すごいですね、会長!

天才に勝っているじゃないですか!!

 

そして、互いに余裕を見せておきながら、人がいないところで、かぐやは涙がでる程悔しがり、会長はトイレで1人シャドーボクシングをするほど喜んでいるのです。

 

いくら想い合っている2人とはいえ、勉学に関しては本気で挑む姿は青春という感じがして良いですし、良いライバル関係だなって思います。

 

私としては、石上君に共感してしまいますけどね!


>>好きな漫画を無料で読む 読みたい作品名で検索

かぐや様は告らせたい3巻の感想まとめ

3巻では、石上会計も登場した事で、生徒会に新たな風が吹き込みましたね。

 

2人の関係も、雨の日の偶然を装った相合傘に、隣に座っていたかぐやの肩をかりて会長が寝てしまったりと、相変わらずのラブラブイベントは健在です。

かぐやの付き人である早坂のギャルモードの変貌ぶりも面白かったです。

 

会長もかぐやも、最初に比べたら大分砕けてきました!

今後もますます暴走してくれる事を期待します!!


>>好きな漫画を無料で読む 読みたい作品名で検索

-ラブコメ, 実写ドラマ・映画・アニメ化
-

Copyright© OREMANGA , 2019 All Rights Reserved.