実写ドラマ・映画・アニメ化

かぐや様は告らせたい8巻あらすじやネタバレ感想など無料で読む方法

更新日:

再び白銀が生徒会長になった事により、かぐやと会長の恋愛バトルはまだ終わらない!

新しく伊井野ミコ会計監査も加わり、真面目な空気になるかと思いきや、余計に生徒会内は荒れてしまう!

そして、ある日かぐやが突然倒れて、救急車に運ばれてしまった!その病名とは!?

かぐや様は告らせたい8巻 浮気防止のマッサージ

前回、勘違いで「会長のヤリチン」と言ってしまったかぐや。

 

会長は誰にでも優しいので、誰かと浮気をするのではと心配しています。

(まだ、付き合っているわけでもないのに・・・)

 

そこで、心配するかぐやに早坂は「欲求を抑制するホルモン」がある事を説明し、良い方法があると教えてくれました。

 

そこで、かぐやは教わった事を実行するため、誤解を招いて変な事を言ったお詫びに「手のマッサージをさせて下さい」とお願いします。

 

そう!浮気防止ホルモンは、マッサージなどのスキンシップでも多く分泌されるんです!

 

何か企んでいるのかと警戒しつつも、半年ぶりに触れるかぐやの手にほんわかする会長。

ところが、かぐやがツボを押した瞬間に激痛が!!

 

そう!かぐやはマッサージをした事もなければ、受けた事もありません・・・

でも、持ち前のセンスでツボは的確に穿つ!!

 

だからこそ、会長はあまりの痛みに涙がでそうになったのです!

けれど、ここで弱音を吐いたら、かぐやにバカにされるのではと我慢する会長。

「早く終わってくれ!」と、耐え続けるのです。

 

けれど、かぐやは会長の手に触れている事により、脳内では愛情が沸き起こり、ずっとこうしていたいと思う程になっていました。

 

幸せそうなかぐやに、あまりの痛みに考えがまとまらない会長。

「もう十分だよ」と逃げようとします。

 

ところが「今度は背中をマッサージしますね!」と、とめどないサービス精神をみせます!

どうにか断りたい会長と、まだ会長に触れていたいかぐやが揉めているところに、ミコが生徒会室に入ってきました。

 

「神聖な生徒会室で・・・けだもの・・・!」と怯えるミコ。

 

ミコは真面目であるがゆえに、想像力豊かですからね。

これかも、たくさん勘違いしてくれそうで楽しみです!

 

マッサージが痛すぎて、会長はむしろストレスホルモンが分泌されてしまいましたが、肩は軽くなった様子。

さすが、かぐや!マッサージも習得するとは侮れません!

ただ、力加減はほどほどに!!


>>好きな漫画を無料で読む 読みたい作品名で検索

かぐや様は告らせたい8巻 女の友情

生徒会室では、ミコの歓迎会として、かぐやと藤原書記の3人で女子会をする事になりました。藤原書記は、大好きな恋バナをしようと持ち掛けます。

 

ミコが「藤原さんは好きな人はいるんですか?」という問いに、正直に言うと場のテンションが下がるため、1番の親友であるかぐやを好きな人として話すことにしました。

 

藤原書記を心から尊敬しているミコは、「せめてイニシャルだけでも!」と尋ねます。

 

「イニシャルはS!(四宮)」

 

かぐやは衝撃を受けました!

「S!?(白銀)」

 

完全に会長の事だと勘違いしたかぐやは、真面目に「その想いは本当ですか?」とさらに問い詰めた上に、「相性が悪いんじゃない?」と卑怯な手を使ってきます!

 

「藤原さんが付き合うのに、もっと相応しい人がいますよ」

 

それをきいて、涙目になった藤原書記は、思わずかぐやに告白してしまいました!

 

「私は、かぐやさんの冷たい所もズルい所も全部ひっくるめて好きですよ!

私がかぐやさんに嫌われるのは分かりますが、私がかぐやさんを嫌うなんて!」

 

そこまで、かぐやの事を大事に想っていたなんて!!

 

驚くかぐやに、状況が掴めていない藤原書記。

相手の好きな人をきくはずが、藤原書記だけ恥ずかしい思いをして終了。

 

けれど、最後にかぐやは言いました。

 

「大体、私が貴方と距離を取るなんてある筈ないでしょ。

私、大事なものは手元に置いておくタイプなの。」

 

嬉しくてかぐやに抱き着く藤原書記。

 

二人ともなんて可愛いんでしょう!!お互い友達として大好きですよね。

でも、肝心の本日の主役であるミコちゃんの事忘れちゃってますよ!


>>好きな漫画を無料で読む 読みたい作品名で検索

かぐや様は告らせたい8巻 恋という名の病

会長が、かぐやの髪にホコリがついているのに気付き、とってあげました。

 

「こんなものに気付かないなんて、私ったら最近調子が・・・」

と言いかけて、かぐやは倒れてしまったのです!

 

慌てて救急車を呼びます。

元々、体が丈夫でない事を藤原書記から知り、心配そうにする会長。

 

一方、かぐやは病院に到着し、四宮家お抱えの名医が診る事になりました。

 

早坂付き添いで、かぐやは症状を医者に伝えました。

 

「不整脈と言うのでしょうか。

突然、心臓が激しく鳴り出し、

時折、死んでしまうのではないかと思う程胸が痛くなって・・・」

 

大体の症状をきいて病名が分かったのか、名医は真剣な顔をして言いました。

 

「それは、恋の病でしょう」

 

恋の病かよ!!と、ページをめくった瞬間私も突っ込んでしまいましたが、確かに会長に触れられたあとに倒れましたからね。これは重症ですよ!

 

「そんなはずはない!」と必死に説明すればするほど、医者が言うように恋が原因である事は確実です。側にいた早坂は、恥ずかし過ぎて耐えられないほどです。

 

医者の言う事が信じられず、最先端の測定装置を使っても問題はなく、あげくの果てには、セカンドオピニオンをすると言い出します。

 

さすがに、早坂は顔を真っ赤にして止めました。

 

「お願いですから、これ以上恥をばら撒く真似はやめて下さい」

 

本当に早坂の言う通りですね!

かぐやと会長が、謝ってキス寸前の状態になってから、かぐやは意識しまくりで大変です!

完全に恋に落ちている状態ですよ。


>>好きな漫画を無料で読む 読みたい作品名で検索

かぐや様は告らせたい8巻の感想まとめ

8巻では、かぐやと藤原の友情あり、会長とかぐやのラブラブイベントありと、とにかく笑いっぱなしの話ばかりでした。

 

全員の変顔や、生徒会室内での少女漫画ブーム、石上の女心分かる説など、ページをめくる度に衝撃的で面白かったです。

 

個人的には、かぐやの変顔がイチオシです!あの変顔は本気すぎますよ!!

 

ミコの想像力もさることながら、かぐやも大分おかしくなってきて、恋の病も重症です!

次は体育祭があるようなので、今度はどんなハプニングが起こるか楽しみです!!


>>好きな漫画を無料で読む 読みたい作品名で検索

-実写ドラマ・映画・アニメ化

Copyright© OREMANGA , 2019 All Rights Reserved.