宇宙兄弟 実写ドラマ・映画・アニメ化

宇宙兄弟8巻 あらすじや感想、ネタバレなど

更新日:

合格の電話 不合格の電話が 告げられて行きます。

そして六太の元にも 遂に 電話が。

以外なら形で告げられた六太。

長かった宇宙飛行士選抜試験。

誰が合格して 誰が不合格だったのか。

 

一方で月にいる日々人。

仲間と船外活動中に 大きな事故にで見舞われます。

宇宙での事故は大変危険です。

日々人たちの 絶対絶命の危機です。


>>無料試し読みはコチラ

宇宙兄弟 8巻 踊る宇宙飛行士

幼少期から踊りが好きな伊東せりか。

大好きなお父さんに 言っていました。

「踊る宇宙飛行士になる」と。

病気で長く入院する事になったお父さんと約束で毎日日記を書く事になったせりか。

そして 今でも日記を書き定期的にお父さんのお墓に日記を置くせりか。

今日も日記を置き 踊りながら帰るせりか。

その訳は。。

宇宙兄弟 8巻 トップの男

Bグループの溝口。

彼は常に学生時代からトップに立ってきた 受験生の1人 。

彼にかかってきた合否の電話。

意外な結末を迎えます。

そして2時間以上たっても 六太の元には 通知が来ません。不安の気持ちが高まります。

宇宙兄弟 8巻 公園におっさん2人

遂に六太にも電話が。

意外にも 「公園に出てこれないか。」でした。

公園には1人の面接官。

幼少期 JAXAに通い詰めててた時に 六太の事をモジャ君と読んでいた人でした。

そして その人から告げられた一言。

「君を 宇宙飛行士として迎えます。」

宇宙兄弟の中でも最も感動する場面の1つです。


>>無料試し読みはコチラ

宇宙兄弟 8巻 新メンバー

早速 面接官の星加さんと車で移動。

宇宙飛行士の記者会見です。

到着したステージでは先に合格者ののメンバー達が。

そして月にいる日々人にも伝えられます。

ここからまた 新しい宇宙兄弟の始まりです。

宇宙兄弟 8巻 11件目のメール

想像以上に 日々人の兄が宇宙飛行士になったという事でメディアから大人気な六太。

祝福のメールもたくさん来ました。

そんな中 ある人からのメールで宇宙飛行士になった事を実感した六太。

その人とは。

宇宙兄弟 8巻 「人」という字は••••••

JAXAの入社式に出向いた六太。

なすだ理事長が新しい宇宙飛行士のメンバーに言った言葉 「人」とは。

JAXA職員と宇宙飛行士の立ち位置を語っています。

この言葉の意味がすごく深いな〜って感心しちゃいました。


>>無料試し読みはコチラ

宇宙兄弟 8巻 月の錯覚

月にいる日々人は 探査機が通信が途絶えたためにクルーのダミアンとバギーに乗って回収の仕事に向かいます。

月では 空気がないせいで 目の錯覚が起こります。

そんな中 バギーで走行中の日々人達に大きなアクシデントが。

宇宙兄弟 8巻 天国で地獄

バギーで走行中 急に現れた大きな溝に日々人達は落ちてしまいました。

ヒューストンでは急に連絡が途絶えた2人に慌てます。

なんとか 立ち上がった日々人。

真っ暗な中 ダミアン、ヒューストンにも連絡が取れない。自分がどれだけ深い所に落ちたのかも分からないまま 上を見た日々人。

そこに映った光景が皮肉にも満点の星空。

日々人は何を思ったのか。

そしてダミアンは無事なのか。

宇宙兄弟 8巻 閃光

宇宙での人命救助の原則。

仲間の命が助からない時は 自分の生還を第一に。そして、自分の命が助からないと判断した時は 仲間の生還を第一に考える。

 

その状況が今日々人達に起こっています。

そして 日々人の目の前に 1つの光が。

ダミアンが打ち上げた照明弾。

しかし ダミアンは怪我をして動けない状況に。

俺を置いていってくれと言った ダミアン。

それを聞いたて 日々人のとった行動は。

宇宙兄弟 8巻 2人の判断

ダミアンは 人命救助のの原則に従い 自分は助からないと判断。

しかし 日々人はダミアンの命は助けられると判断した。

そして 崖を登り始めて日々人だったが 更なるアクシデントが襲いかかります。

宇宙兄弟 8巻 まとめ

色んな人たちの助け アドバイスもあって念願の宇宙飛行士になれた六太。

宇宙兄弟を読む中でトップクラスの感動しながら読みました。

前の会社をクビになった時とは見違えるほどの六太がそこにいました。

しかし 晴れて 宇宙飛行士になった六太を喜んだ日々人は大きなクレーターに落ちる大事故に見舞われます。

仲間が動けないピンチ。

助けようとする日々人にも更なる事故が。

8巻は大きな感動とヒヤヒヤが沢山ある 読みどころ満載でした。


>>無料試し読みはコチラ

-宇宙兄弟, 実写ドラマ・映画・アニメ化

Copyright© OREMANGA , 2019 All Rights Reserved.