SF デスゲーム&サバイバル ホラー・サスペンス ラブコメ 完結マンガ

【最終回】食糧人類7巻のネタバレや感想|グロさの中に作者の主張を垣間見た

投稿日:

『食糧人類』7巻では、山引の身体から培養をした増殖種ナツネが、「ゆりかご」内にある捕食者クイーンの元に行くところから始まります。

そして、蔵石ユウさん(原作)とイナベカズさん(漫画)のコンビで描かれた『食糧人類』は7巻で完結します。

イロイロな要素がふんだんに盛り込まれた『食糧人類』ですが、ホラー好き・SF好きにはかなり面白い漫画でした!

※『食糧人類』7巻には第53話~最終話までが掲載されています。

↓今すぐ無料で漫画を読みたい方はコチラをクリック!読みたい漫画を検索!↓

第53話

天才山引の中で、何人もの人数に増殖するナツネは、施設の中にある捕食者クイーンの元に行きます。

クイーンはナツネを捕食し始めますが、増殖したナツネに囲まれます。

このシーンは山引の出産のような描かれ方をしており、腐女子は好きなんじゃないかなとw。


>>無料試し読みはコチラ

第54話

第54話では山引がナツネを出産するシーンから始まり、そして山引の幼少期の話が描かれています。

「流動こそが生物の本質」

物語は『食糧人類』を通して読者にメッセージを届けています。

 

山引の母親は「生殖を終えたオス価値はない」と考えており、そして自分の息子(山引)に虐待をしていました。

山引の回想シーンとともに、ナツネの大量出産は衝撃的な結末を迎えます。

第55話

クイーンが大量のナツネを捕食していきますが、切り刻まれたナツネはドンドンと復活をしていきます。

そして、クイーンは世界中に散らばった自分の子供たちに向けて念願の増殖種の誕生を知らせます。

世界中から日本の「ゆりかご」へと捕食者たちは舞い戻ってきます。

このあたりのイナベカズさんの作画は圧巻ですね。


>>無料試し読みはコチラ

第56話

「ゆりかご」の施設内では和泉所長や花島副所長の死体を捕食者たちがむさぼりながら、伊江や小倉は食べられないように身を隠します。

やがて捕食者たちの友食いが始まりました。

そして「ゆりかご」に入りきらなかった捕食者たちも友食いが始まります。

モニターには捕食者たちに喰われ続けるナツネの姿が映し出され、その光景をみた小倉(オグっちゃん)は捕食者とナツネを施設内に閉じ込めることを決意します。

第57話

捕食者たちの友食いや、ナツネの捕食を見ながら、クイーンは考えます。

増殖種さえ手に入れば種の絶滅を防ぐことができると。

絶滅の回避こそが母星を捨てて地球に来た目的だと。

施設に入りきれない個体は友食いを始めるだろうが、世界中の人間を喰いつくし共倒れするよりは、人類の個体数を元の数に戻すことが先決だと考えました。

 

一方で小倉はナツネとクイーンを閉じ込めるべきだと伊江を説得します。

しかし、伊江はそれをすれば、未来永劫ナツネが捕食者たちに喰われ続ける未来が待っていると、そんなことは絶対にしてはいけないと拒むのでした。

第58話

友達のナツネには施設内に閉じ込めることはできないと伊江は言います。

しかし、小倉はナツネや山引があえて危険をおかしてまで地下に向かった想いを台無しにしていいのか?と問いかけます。

 

友人を救うべきか、世界を救うべきかという問いかけが伊江の肩にのしかかる中、モニター越しにナツネがカメラに向かって「閉めろ」と言いました。

第59話

施設を無事に出た伊江・小倉・カズの前には、友食いで死に絶えた無数の捕食者たちの死体が転がっていました。

死体にはゴキブリ・蛆などが湧き、悪臭が立ち込める中、3人は進みます。

そして、時には死体にガスがたまり爆発をします。

 

死体が爆発をすることはマレにあるそうで、クジラが爆発する動画などは結構有名です。

 

ナツネを施設に取り残してきたことに悩まされる伊江に対して手を指し伸ばしたのは、親友のカズでした。


>>無料試し読みはコチラ

第60話

事件から3年後の世界が第60話では描かれています。

伊江はカズと生活をしながら、特殊清掃の仕事をしています。

 

小倉(オグっちゃん)は「ゆりかご」からの生還を本にまとめて大ブレイクしていました。

しかし伊江は事件から立ち直ることがまだ出来ておらず、置き去りにしたナツネを思っているのでした。

 

世間は事件を解決した人たちのことを忘れ、平穏な暮らしを続けており、一方でナツネは捕食者たちに喰われ続ける日々を送る。

伊江の頭には、地獄の窯の蓋を再び開けてしまおうかという思いが込み上げていました。

第61話

カズに置手紙を置いた伊江は、「ゆりかご」の施設に舞い戻っていました。

施設は土に覆われており、その土を伊江は掘り起こし始めていました。

伊江は地獄の窯の蓋を開けるのか…?


>>無料試し読みはコチラ

最終話

『食糧人類』最終話はかなり上手くまとまっていると感じました。

これは前作の『アポカリプスの砦』も同じですが、よくある連載系の長のばし漫画にあるような、つじつまが合わなくなるような漫画ではなく、最初から構成を練られて作られた漫画。

1巻からしっかりと伏線を貼られており、漫画好きを大いに楽しませてくれる漫画だといえます。

また、『食糧人類』は物語がキャラクターの感情表現だけではなく、作者の主張が伝わってきて、読者に少なからず考えさせることを目的とした漫画に仕上がっています。


>>無料試し読みはコチラ

食糧人類7巻 最終巻の感想

個人的には蔵石ユウさん(原作)でイナベカズさん(漫画)のコンビの前作『アポカリプスの砦』の方が好きでした。

ゾンビ好きということもありますが、『食糧人類』はあまりにも山引の科学力がスゴすぎるなと。

まぁ、そこが漫画だからできる面白さでもありますが、同じようなキャラクターで『アポカリプスの砦』では山野井満(ノイマン)がいます。

ゾンビ漫画ですが、読んだ方の多くは号泣するのでは?

もしまだ読まれていないのであれば、一読することをお勧めします。

蔵石ユウさん(原作)とイナベカズさん(漫画)のコンビには今後も期待大です!!

↓今すぐ無料で漫画を読みたい方はコチラをクリック!読みたい漫画を検索!↓

漫画も映画もアニメも楽しみたい方にオススメ

最近は漫画を読んでいると実写映画化やドラマ化、アニメ化など多いですよね。 本当の漫画好きならば、それら全てをチェックしたいところ…。


そんな方にオススメのサービスがU-NEXTです。

↓今すぐ無料登録600Pを貰って欲しい漫画を無料でGETしたい方はコチラをクリック!↓

 

映画配信で有名なU-NEXTは31日間の無料期間があり、無料登録直後に600Pが貰えます! そして、実はこのポイントで好きな漫画をお得にGETでもきます!

 
猫次郎
U-NEXTって映画だけじゃないんだー!知らなかった!!
漫画や雑誌もかなり充実していて、古い作品から最新刊が楽しめるよ♬
漫次郎
  漫画以外にも『見放題作品』や『ポイントレンタル作品』が充実しているので好きな作品を存分に楽しめます。

映画やアニメを始め、海外ドラマ、韓流ドラマ、国内ドラマが盛りだくさんですし、ポイントレンタル作品も充実。


  31日間は無料で使い放題なので、使い心地を試してみてライフスタイルに合えば継続、合わなければ解約しちゃいましょう。

解約をしてもGETした漫画はあなたのモノです。


ちなみに、このようなサービスでは解約ページがわざと分かりづらくなっていたりしますが、U-NEXTの場合はアカウントページの【解約】ボタンを押せば簡単に解約が可能なのでご安心ください!


猫次郎
全作品が最大40%オフになるのも魅力的ですね。
好きな作品を見つけたら、その作者の別の作品や関連映画・アニメも楽しんじゃおう!
漫次郎

今すぐ無料でU-NEXTを使ってみる

-SF, デスゲーム&サバイバル, ホラー・サスペンス, ラブコメ, 完結マンガ
-,

Copyright© OREMANGA , 2019 All Rights Reserved.