バトル・格闘・アクション 実写ドラマ・映画・アニメ化 異世界・ファンタジー

鬼滅の刃14巻ネタバレや感想など|無一郎の悲しい過去が明らかに…

『鬼滅の刃』14巻では、「無一郎の無」引続き刀鍛冶の里での上弦の肆・伍との戦い。

炭治郎たちと、上弦の肆との壮絶な戦い。無一郎は上弦の伍の血鬼術からの脱出、反撃ができるのだろうか?

 

上弦の肆との戦いの中で、炭治郎は5体目の匂いにたどり着きます。

上弦の肆の5体目の、頚を斬るあと一歩のところまで来ました。

 

無一郎は、上弦の伍の血鬼術により水鉢に閉じ込められたまま、反撃の機会を伺います。

玄弥の過去回想から現在、無一郎の新たな記憶は蘇るのか?

 

『鬼滅の刃』14巻では、第116話~第124話までが収録されています。

13巻ネタバレ
鬼滅の刃13巻ネタバレや無料で読む方法など|脱出こんなな無一郎…どうなる?

『鬼滅の刃』13巻では、「遷移変転」刀鍛冶の里に侵入した上弦の伍と上弦の肆。 炭治郎らと玄弥、無一郎や密璃の上弦との壮絶な戦いが始まる。   突如現れた上弦の鬼達、上弦の肆は頚を斬られても分 ...

続きを見る

U-NEXT31日間の無料トライアルで、600円分のポイントGET!
まんが王国
マンガ好きも納得無料漫画が3000作品以上!
ebookjapan会員登録なしで無料漫画が読み放題!
 

第116話 極悪人

炭治郎の刃が、半天狗の頚を切り落とそうとした時、物凄い叫び声が森中に響き渡ります。

 

叫び声に耐えながら頚を斬り落とそうとする炭治郎、その背後から今までの、4体の鬼とは違う匂いを感じるが、炭治郎は頚を斬る事に集中する。

 

禰豆子の血の効力が切れ、刀が先に進まなくなり炭治郎が判断を後悔していると、背後の鬼の攻撃により巨大な木のバケモノが炭治郎を襲う。

間一髪、炭治郎は禰豆子に救われますが、現れた6体目の鬼から炭治郎達は、弱い者たちをいたぶる極悪人だと言われます。

 

現れた6体目の鬼の正体を、玄弥は目撃していました。

 

この鬼は、積怒が他の3体の鬼達を吸収して変化したようで、本体の半天狗を吸収していない為か子供の姿をしています。

 

炭治郎らはこの鬼の威圧感に震えた、窮地に立った半天狗が自分を守る為に、強い感情を血鬼術にて作り出した鬼であった。

 

追い込まれたら追い込まれる程強くなる鬼で、半天狗を殺そうとする炭治郎らに、怒りをあらわにしますが、炭治郎も半天狗が人間を大勢殺した罪を許さないと言い放ち、悪鬼は俺が斬ると断言します。

>【漫画】鬼滅の刃14巻を今すぐ読む

第117話 刀鍛冶

無一郎は閉じ込められた水獄鉢の中で記憶を思い出していた。

 

肺に残った空気で一撃を出すも、水獄鉢は破壊する事ができず無一郎は死を覚悟する。

 

その頃、玉壺は刀を研いでいる鋼鐵塚のもとに、玉壺の存在など気が付く様子なく、一心不乱に刀を研ぐ鋼鐵塚に玉壺は芸術家として劣っていると感じます。

 

気にいらない玉壺は鋼鐵塚に攻撃をしかけますが、傷を受け面が割れても刀を研ぎ続け、鋼鐵塚は刀の名前ではなく一文字の意味を汲み取っていました。

 

限界が迫った無一郎、そこに小鉄が駆けつけ何度も刃で水獄鉢を壊そうとしますが、破壊出来ず背後から来た玉壺の金魚のバケモノに攻撃を受け急所を突かれます。

 

無一郎は、小鉄が逃げるように心から祈っていますが、小鉄は傷つきながらも、水獄鉢に近付いて口を付け中に息を吹き込みます。

 

小鉄に貰った空気を吸い込み、無一郎はまた炭治郎の言葉を思い出し覚醒し、技を出して水獄鉢を破壊する事に成功する。

第118話 無一郎の無

水獄鉢から脱出した無一郎は、自分の体に刺さった針を抜くもひどい痺れに襲われ、そんな体でも小鉄をバケモノから救い出します。

 

水が入り肺が痛む無一郎、そんな時母や父が亡くなった記憶を思い出します。

 

小鉄から、自分の事よりも鋼鐵塚と刀を守って欲しいと頼まれるのでした。

無一郎は、また両親を失い自分が一人になった記憶を思い出してある事に気付き、双子の兄が居てその兄は他人のために何かする事は無駄だと言っていました。

 

兄の有一郎は、無一郎の無は無能、無意味の無だと言います。

 

有一郎と二人の生活は、無一郎にとって苦痛で息が詰まるような毎日でした。

 

そんな二人のもとにお館様の御内儀、あまね様が訪れ二人が剣士の子孫である事を告げる。

 

剣士になりたい凄い人の子孫だと喜ぶ無一郎に、有一郎はお前に何ができると激怒し、母さんと父さんに似て楽観的過ぎだと言い放ちます。

 

この事から二人は口をきかなくなりしばらくたった頃、鬼が家を襲ってきて、襲われたのは有一郎の方で、無一郎は今まで一度も感じた事のない怒りを感じます。

 

そして気付けば鬼を倒しており、死にきれてなかった鬼が朝日とともに塵になって消えた、無一郎は早く有一郎のところへと急ぐが、体が鉛のように重く家に帰るのに時間が掛かる。

 

家に辿り着いた無一郎は、有一郎が弟だけは助けてくれと神に祈っていました。

 

無一郎の無は無限の無。

 

自分のためではない誰かのために、無限の力を出せる選ばれた人間だと兄有一郎は、無一郎に語っています。

>【漫画】鬼滅の刃14巻を今すぐ読む

第119話 よみがえる

玉壺に攻撃を受けるも、刀を研ぐことを止めない鋼鐵塚、玉壺は鉄穴森を殺せば、鋼鐵塚が刀を研ぐことを止めるのでないかと考える。

 

その時、無一郎が鋼鐵塚のもとに到着し玉壺に攻撃しかけます。

 

玉壺はどうやって抜け出せたのか困惑していますが、意識が無一郎の方になかったので、自分がそれだけ集中していたんだと喜んでいます。

 

 

無一郎を見て玉壺は痣が出ている事と、攻撃を受けて涼しそうな顔をしている無一郎を、不思議に思い困惑しています。

 

向かってくる無一郎に、玉壺は蛸壺地獄という技を出して攻撃し鋼鐵塚の居る小屋を、破壊してしまい鋼鐵塚達は小屋から放り出されてしまう。

 

鋼鐵塚は再び刀を研ぎ始め、無一郎は玉壺の巨大な蛸足に締め上げられますが、無表情で蛸足を斬り落とし、鉄穴森に刀を作ってくれてありがとうと言います。

 

鉄穴森は、鉄井戸の書き付け通りに刀を作ったのだと無一郎に告げます。

 

鉄井戸は、無一郎の刀を最初に作ってくれた方で、無一郎の努力を理解し将来を、心配してくれた人でした。

 

無一郎は、心の中で鉄井戸に対してもう大丈夫だと告げると、玉壺に霞の呼吸で、攻撃をしかけ玉壺の頚に一太刀浴びせます。

第120話 悪口合戦

無一郎は、調子がいいから玉壺の頚を斬って殺すと淡々と話す。

 

玉壺も負けじと言い返す舌戦が始まり、無一郎の安い挑発にはのらないと笑う玉壺。

 

しかし、無一郎の壺が歪んでいるとの一言で激昴し、玉壺は血鬼術「一万滑空粘魚」で、攻撃をしますが、無一郎は霞の呼吸陸の型・月の霞消にて全て斬ります。

 

驚く玉壺ですが、この粘魚の体液は毒で毒にかかれば終わりだと考えます。

 

無一郎はすぐに、霞の呼吸参ノ型・霞散の飛沫で体液ごと魚を弾き飛ばし一直線に、玉壺に向かい頚を斬り落としたと思いますが、斬ったのは脱皮した皮でした。

 

玉壺は、真の姿を見せると言い魚人のようになりますが、無一郎は無反応。

 

玉壺は無一郎に殴りかかって来ますが、無一郎はそれを回避します。

 

玉壺に攻撃されたその部分は、大量の鮮魚になってしまうようです。

>【漫画】鬼滅の刃14巻を今すぐ読む

第121話 異常事態

無一郎と玉壺、双方の攻撃の勢いが増し玉壺は攻撃を交わしながら逃げる無一郎に、攻撃を繰り返しますが、その内自分が霧にまかれている事に気付きます。

 

無一郎の姿を見ては攻撃をしますが、なかなか当たりません。

 

無一郎の声が聞こえ、自分だけが本気じゃないと思った?と聞こえた時、玉壺の頚に刃が通過した後で、無一郎により頚が斬り落とされました。

 

何が起こったのか全く理解できない玉壺、ようやく状況を理解し、こんな子供に自分がやられるとは、あってはならない異常事態だと叫びます。

 

人間を下等生物だという玉壺を、無一郎がとどめを刺します。

第122話 それは一時的な興奮状態

玉壺を倒した無一郎の顔色が悪いと鉄穴森が心配しています。

 

無一郎は、大丈夫だと言い小鉄のところへ連れて行けと言いますが、泡を吹いて倒れてしまいました。

 

鋼鐵塚に助けを求めるも、刀を研ぐ事を止めない鋼鐵塚への苛立ちを、言いながら焦る鉄穴森に横向きにしたらと声が聞こえます。

 

声のぬしは小鉄で、小鉄は腹に炭治郎から預かった刀の鍔を入れており、傷をうけていなかったのです。

 

無一郎は、家族の事を思い出し兄からの言葉に泣いています。

 

一方、炭治郎は6体目の鬼が出した巨大な5つの頭をもつ、木の竜と戦っておりヒノカミ神楽で攻撃しようとしますが竜の超音波で、炭治郎は吹き飛ばされてしまいます。

 

喜怒哀楽の鬼の力をつかう6体目の鬼は、攻撃力も上がっており、息が続かず回復ができない炭治郎は、遂に竜に飲み込まれてしまいます。

別の竜に捕まっている禰豆子が手を伸ばし叫んでいます。

 

竜の体内で押しつぶされそうになる炭治郎、その時駆けつけた甘露寺蜜璃が、竜を斬り炭治郎を助けてくれます。

 

文章ではなく原作漫画を読みたい方にオススメ!

『鬼滅の刃』全巻無料で読めるサービスを徹底調査した結果…

※人気作品の最新刊が無料で読める!

 

第123話 甘露寺蜜璃の走馬灯

薄くて柔かい刀をつかう甘露寺の技の速度は、鬼の想像以上に速く、速さに対応する甘露寺に、術で埋めつくし広さで勝負しようと広範囲の攻撃を、鬼はしかけてきます。

 

なんとか受けとめ鬼の頚に刃を回す甘露寺だが、炭治郎はその鬼の頚を斬っても、本体ではないから死なないと叫びます。

 

甘露寺は、判断間違えたと思いますがすでに遅く、鬼の超音波の攻撃を、正面から受けた甘露寺は気を失ってしまいます。

 

この攻撃で、体を保っている甘露寺を見た鬼は甘露寺が特異体質だと察知し、喰らってさらに強くなろうと考え攻撃を加えようとします。

 

その時、甘露寺蜜璃は走馬灯を見ていました。

 

髪の色でお見合いが破談した事や、普通の人の8倍筋肉がある事、また食欲があり相撲取りの3倍は食べる事、全てを隠して生きて行こうと。

 

甘露寺と結婚したいという男性が現れたが、隠して縁談する事になったのだが、自分がこのまま隠して生きて行くのは違うと、自分がこのまま隠して生きて行くのは違うと分かっていました。

 

甘露寺が目を覚まし気付くと、炭治郎達が身を呈して鬼からの攻撃から、守ってくれていました。

 

柱である甘露寺を守らなければならないと、甘露寺さえ生きてくれたら、絶対勝てるとみんなで勝とう誰も死なないと。

第124話 いい加減にしろバカタレ

甘露寺は、仲間は絶対死なせない。

 

鬼殺隊は、私の大切な場所だから上弦だろうが関係ないと、悪いやつには負けないから本気を出すと宣言する。

 

甘露寺は、お館様の言葉を思い出し両親に感謝しています。

 

鬼殺隊は、ありのままの甘露寺を認めてくれた場所で、甘露寺は、そんな鬼殺隊のみんなを守るために更なる力を発揮します。

 

甘露寺が、鬼を相手している間に炭治郎達は本体である半天狗を探す。

 

甘露寺の速さに圧倒される鬼は、炭治郎達に気付くも甘露寺から、意識が離せず手を出せません。

 

速くなって行く甘露寺には、痣が出現していました。

 

半天狗のところへ行くにも、なかなか半天狗には届かず鬼の体の、一部になっている幹に足止めされますが、玄弥が幹を喰いちぎります。

 

玄弥は、鬼を取り込む事で一時的に鬼の体質になれる特異体質でした。

 

玄弥と禰豆子の助けで、半天狗が隠れていた玉を見つけヒノカミ神楽で、炭治郎が斬りますがそこに半天狗はいません。

 

逃げ出していた半天狗を見つけ、炭治郎は犯した罪、悪業を、責任を取らすと叫んで追いかけます。

 

しびれをきらした玄弥が、いい加減にしろバカタレ!!と木を丸々一本、半天狗に向かって投げつけます。

>【漫画】鬼滅の刃14巻を今すぐ読む

鬼滅の刃14巻 感想 まとめ

 無一郎の悲しい過去があきらかになりました。

 

双子のお兄さんとの不仲が解消される形になって、これから益々、無一郎が柱として強く成長しそうです。

 

上弦の伍を、単独で倒す無一郎恐るべし。

 

甘露寺の過去は、女の子になら悲しくなるコンプレックスと、体験でしたが鬼殺隊があって、本当の自分で生きる事の大切さを、気付けたから良かったです。

 

無一郎、甘露寺ともに痣が出現し覚醒していましたね。

まだ見ぬ、柱達にも痣が出現するのか期待してしまいます。

 

上弦の肆・半天狗との戦いは、いよいよ大詰め。

 

炭治郎達は、無事に半天狗を倒す事が出来るのか期待します。

 

鋼鐵塚さんが、いつまで刀を研ぐのか?って事も今後の展開が、非常に楽しみです。

人気漫画の最新刊が無料!

マンガもアニメも無料で楽しむ!

全話無料で漫画を読む

漫画アプリで全話無料で読む!

-バトル・格闘・アクション, 実写ドラマ・映画・アニメ化, 異世界・ファンタジー

Copyright© OREMANGA , 2020 All Rights Reserved.