ヒューマンドラマ 完結マンガ 歴史・時代劇

漫画『レイリ』4巻ネタバレや感想など|死にたがりに変化?

室井大資先生と岩明均先生の戦国時代コミック『レイリ』4巻では、甲府で信勝の影武者として任務にあたっていたレイリでしたが、高天神城の丹波が半年間甲府からの救援を待ち続けていることを知ると、止める惣三の言葉も聞かずに一人で高天神城へと向かうのでした。

 

漫画『レイリ』4巻には第16話から第21話が収録されています。

3巻ネタバレ
漫画『レイリ』3巻ネタバレや感想など|天才勝信を阻む者とは?

室井大資先生と岩明均先生の戦国時代コミック『レイリ』3巻では、 間近で自身に向けられた殺意を感じたことで怯える様子を見せた勝信。しかし、自身に降りかかる恐怖を自ら振り切ると、賊を捕えるための案をレイリ ...

続きを見る

U-NEXT31日間の無料トライアルで、600円分のポイントGET!
まんが王国
マンガ好きも納得無料漫画が3000作品以上!
ebookjapan会員登録なしで無料漫画が読み放題!
 

第16話 二つの城

高天神城が徳川軍から包囲を受けて半年、高天神城の城将を務める丹波の身を案じていたレイリは、甲府の町で高天神の様子を見てきたと思われる男が、いまだに高天神が落ちていないと領民らしき男に話しているのを偶然聞いていた。

 

いまだに高天神城が落ちていないことが気になったレイリが信勝にその詳細を聞こうとするも、信勝の父親である武田勝頼が突然甲府に城を築くと言い出したことでそのことに頭を悩ませていた信勝は、レイリの話を聞こうともしないのであった。

 

信勝に扮したレイリは、戦や城に詳しい真田正幸から、高天神城がいまだに救援を信じて持ちこたえているという状況下にあることを知る。それは天正8年(1580年)暮れのことだった。

>漫画『レイリ』4巻を今すぐ読む

第17話 高天神城へ

天正9年(1581年)初頭、武田勝頼が新しい城の建造に取り掛かっていた中、レイリは一人高天神城へ向かおうとする。そんな彼女の行動を見抜いていた惣三が主命に背けば死罪と声を張り上げ、レイリの行く手に立ちはだかる。それでもなお歩みを止めないレイリはじゃあ斬ればと惣三に告げ、彼が通せんぼする方向へ突き進むのだった。

 

高天神城へ到着したレイリはそこで高天神城が徳川軍に完全に包囲されていることを知る。人一人通さない包囲網や大軍を目にしたレイリは、その大軍を混乱させて丹波を助けだすために徳川家康の暗殺を企てるのだった。

 

第18話 攻囲軍司令・徳川家康

自陣に一人いた家康の背後をとり小太刀を彼の喉元に突き付けたレイリ。いくつか家康に質問したあとにレイリは、自分がただ丹波を助けたいだけであることを家康に明かす。すると彼は、自分が殺されたところで包囲陣は揺らがず、混乱など生じないことをレイリに告げるのだった。

 

高天神城の周りをぐるりと一周して柵の無い場所を見つけ出したレイリは、絶壁ををよじ登り高天神城への侵入に成功するのだった。

 

不審者として高天神城の兵士たちに捕らわれたレイリだったが、元小山城の雑兵たちに気づいてもらえたことで、ついに丹波との対面を果たすのだった。

 

第19話 邂逅

高天神城本丸へ集まった丹波や主となる侍たちに、武田家当主である勝頼が、信勝の意見で高天神城へ援軍を送らないことを昨年の9月には決めていたこと、そして、自身が家康に会った時に高天神城の城兵の命は勝頼の出方次第であると告げられたことを、レイリは報告するのだった。

 

一方、家臣から高天神城に勝頼がこないと報告を受けた信長は、高天神城の兵や城を切り刻んで晒せと、家康への伝達を家臣に告げるのだった。

 

援軍の無い長期間の戦いに耐えかねた高天神城側が降伏の意思を家康に示すも、家康はそれを拒絶するのだった。

 

文章ではなく漫画で読みたい方にオススメ!

漫画『レイリ』を全巻無料で読めるか調べた結果…

※巨匠!岩明均先生の作品を無料で読むには?

 

第20話 献策

高天神城本丸では最後の戦いに備えて軍議が執り行われていた。皆口々に「死を前提」として作戦を立てていた中、その会議を聞いていたレイリは信勝の言葉を借りて丹波たちの心を掴むと、脱出も一案に入れてはどうかと提案するのだった。

 

レイリの出した案がきっかけとなり、「若いものたちのみ」脱出させる作戦を実行することになった丹波たち。しかし、あくまで丹波を助けたい一心のレイリはそのことを丹波に伝える。そんな彼女に丹波は、お前の顔が見られて嬉しかったぞと優しい表情で告げられるのだった。

 

第21話 犬戻り猿戻り①

丹波たちに見送られたレイリは、高天神城の西端から伸びる人一人がやっと通れる、左右が崖となっている尾根道「犬戻り猿戻り」へ若侍やその指揮役 横田甚五郎と共に向かうことになる。

 

囮の丹波たちが敵に突撃して気を引いたのを確認したレイリは、馬を操りながら、尾根道上に待ち構える侍たちを剣や弓で次々に倒し、先へ先へと進んでいくのだった。

>漫画『レイリ』4巻を今すぐ読む

漫画『レイリ』4巻 まとめ

高天神城を包囲する徳川軍に見つかることなく、丹波のもとへ一人やってきたレイリ。彼女は甲府で勝信から培った知識を存分に発揮して、「死を前提としない」策を丹波たちに提案するのでした。

『レイリ』4巻では、死にたがりであった彼女にそうした変化が見られるのでした。

人気漫画の最新刊が無料!

マンガもアニメも無料で楽しむ!

全話無料で漫画を読む

漫画アプリで全話無料で読む!

-ヒューマンドラマ, 完結マンガ, 歴史・時代劇

Copyright© OREMANGA , 2020 All Rights Reserved.