完結マンガ 歴史・時代劇

漫画イシュタルの娘~小野於通伝~2巻ネタバレや感想、無料で読む方法など

戦場だけでなく、世継ぎを残すための女の戦いや信念に基づく権力争いなど様々な戦いが繰り広げられる。

そんな中於通と信輔が心を通わすも、大きな力によってふたりは引き裂かれてしまう。

武力行使に屈服するほかなく嫁いだ於通を待ち受けていたのは、屋敷での酷い仕打ちだった。

どんなに辛くとも於通を挫けさせないのは、いつの時も芸術の力だった。

 

イシュタルの娘第二巻には伝その5から8を収録。

1巻ネタバレ
漫画イシュタルの娘~小野於通伝~1巻ネタバレや感想、無料で読む方法など

不思議な目を持って生まれた小野於通(おの・おつう)。 イシュタルの娘では、幼い頃から類稀な才能を発揮する於通が乱世を生き抜いていく姿を描く。 激動の時代に生きた特別な星のもとの巫女、あるいは自由に生き ...

続きを見る

U-NEXT31日間の無料トライアルで、600円分のポイントGET!
まんが王国
マンガ好きも納得無料漫画が3000作品以上!
ebookjapan会員登録なしで無料漫画が読み放題!
 

イシュタルの娘 第二巻 伝その5 それぞれの戦

於通の書の評判は東宮・誠仁(さねひと)親王の正妃・晴子の耳にも入り、屋敷へ呼ばれることに。

晴子は芸を持つ様々な人をお屋敷に出入りさせ援助をすることもあるほど、芸術を愛する人だった。

そこで於通が出会ったのは、のちに歌舞伎の始祖となる出雲阿国(いずものおくに)。

弱冠12歳にして彼女は優れた踊りを舞う踊り子だった。

 

公家でありながら武家風の装いや言葉を使う信輔に、公卿の間では悪評が広まっていた。

そんな彼が権力をめぐって関白争いをしているのは信輔らしからぬことであったが、朝廷や家族のことを思っての行動だと判明する。

 

>漫画『イシュタルの娘』2巻を今すぐ読む!

※【期間限定】無料巻あり!キャンペーン終了の場合はご了承ください。(2020年9月21日現在)

イシュタルの娘 第二巻 伝その6 女の戦 ー十七歳ー

男たちが戦場で戦っているのと同様に、女にも戦いの場はあった。

信長を叔父に持った茶々は、17歳にして初と江与ふたりの妹に然るべき縁組を施す。

2度の落城を経験したため、自らは決して落ちぬ城を持った者に嫁ぐことで浅井織田の血を残すべく戦っていた。

 

彼女が目を付けたのは天下に最も近い男・羽柴秀吉。

秀吉は茶々の母上に執着しており、母が亡き今茶々のことを女性として見ているようだった。

だが、秀吉といえどもいち武将。さらなる強固さを求める茶々は秀吉を煽り、彼に行動を起こさせる。

 

信輔に恋をしていると自覚した於通は、思いがけず信輔よりプロポーズを受ける。

しかしお世話になっている稙通に、巫女として恩を返す於通はすぐに返事ができなかった。

気持ちは通じ合っているはずのふたりそれぞれに、辛い試練が待ち受けていた。

 

イシュタルの娘 第二巻 伝その7 秀吉の力 漆黒の闇

於通のもとへは幼き頃より決まっていた許婚と名乗る男が訪れていた。

反抗むなしく、強引な許婚・塩川へと嫁ぐほかなかった於通。

秀吉の企みにより関白の地位を逃した信輔とはお別れしなければならなかった。

 

於通が飯綱(いづな)で出会っていた真田兄弟は、父とともに劣勢な戦いに挑んでいた。

数で劣る真田軍は、策略と地理を生かした戦法で徳川軍を打ち負かしてみせた。

天下に名乗りをあげたこの真田氏たちと於通も、このあと永きに渡り縁深いつながりとなっていく。

 

イシュタルの娘 第二巻 伝その8 摂津にて

摂津(せっつ)にある塩川の屋敷に嫁入りしたもののどうしても身体を許すことができない於通は、稙通がつけてくれた忍び・ぬばたまを遣い関係を持つことだけは避けた。

ほかの妻の仕事だけでもこなそうとするも、以前より家のことに采配をふるう「ろく」という女性に阻まれる。

このろく、実は塩川とただならぬ関係であった。

 

屋敷を飛び出した於通は真田の兄のほう・信幸(のぶゆき)と再会する。

先の徳川との対戦では勝ち星をあげたが、負けた徳川は意外にも真田を有効的に受け入れた。

この乱世を生き延びるため、真田は徳川から提案された縁組を受けたところだった。

 

屋敷に帰った於通は、外出と真田との会話を理不尽に咎められ幽閉される。

そんな絶望の最中でも、於通の心の拠り所は確かに存在していた。

 

>漫画『イシュタルの娘』2巻を今すぐ読む!

※【期間限定】無料巻あり!キャンペーン終了の場合はご了承ください。(2020年9月21日現在)

イシュタルの娘 第二巻 まとめ

様々な思惑が渦巻く中、於通の素直で柔軟な強さが一際光る。

どんな困難の中でも、自分にできることを見つけようとする姿勢は学ぶべきものがある。

この真っ直ぐさが、戦国を生きる権力を持った者や狡猾に立ち回る者にへし折られないかと読んでるこちら側にも熱がこもる。

 

芸術、恋愛の描写もさることながら、戦闘の場面も迫力がある。

一見分かりにくい策略も解説付きなので、歴史の一幕を垣間見ている気分だ。

この時代とは切っても切れない戦だからこそ、その内容をより深く知れる構成になっているのかもしれない。

人気漫画の最新刊が無料!

マンガもアニメも無料で楽しむ!

全話無料で漫画を読む

漫画アプリで全話無料で読む!

-完結マンガ, 歴史・時代劇

Copyright© OREMANGA , 2020 All Rights Reserved.