漫画印税

銀魂の空知英秋は印税収入公開、素顔も公開?

「侍文化」は、今では世界中から注目を浴びている日本文化です。それは、「武士」と呼ばれた階級のお話。

漫画家空知英秋さんが描く、銀魂の主人公坂田銀時は、普段はゆるゆるだらだらのだらしのない男ですが、いざとなると仲間のために命を張る「侍」なのです。

海外でも人気のある、銀魂。ではその作者、空知英秋さんの印税はいくらでしょうか?

U-NEXT31日間の無料トライアルで、600円分のポイントGET!
まんが王国
マンガ好きも納得無料漫画が3000作品以上!
ebookjapan会員登録なしで無料漫画が読み放題!
 

空知英秋原作の銀魂はどんな漫画?

万事屋という、平たく言えば便利屋の店を経営している、坂田銀時。そんな彼の下に、新八や神楽というメインの仲間ができて、そこから話が発展していきます。いろんな事情を抱えた人物、種族、ロボットが登場し、その事件に巻き込まれていくというのがお約束ストーリーであります。しかし、作中での坂田銀時は、時に人を正しい方に導く数多くの名言を生み出し、行動して、仲間を守るために戦います。それがまさに「かっこいい!」と人気があるのです。

空知英秋原作の銀魂の印税はいくらか?

こんな話をすれば、「勘定してんじゃねーよ」なんて空知英秋さんと銀さん(坂田銀時)に怒られてしまいそうですが、実際にはどれぐらい売れているのか気になります。

漫画の主な収入は、

・原稿料

・漫画の印税

となっています。空知英秋さんも、またしかり。

原稿料は省いて。ここでは印税だけに絞ってお話しします。

銀魂の発行部数は、約4400万冊であると言われています。

印税の相場が5~10パーセントであるので、1冊420円の単行本から得られる収入は42円です。

つまり、

4400万冊×42円=18億4800万円

となります(単純計算ですが)。

「え? 1作品だけで18億も稼いでんの!?」

そう思われる方も多いと思いますが、事実、空知英秋さんはそれだけ稼いでいます。

銀魂の作者の空知英秋の素顔はどんなか?

銀魂原作者の空知英秋さんはかたくなに表に出てきません。写真が1枚もないんですよね・・・。ここまでガードが硬いとは。

それでも、作者の心が見えるようなあとがきであったり、色紙であったりが残っています。

本音のようなネタを振りまく空知英秋さんなので、多くの人の心をつかむんでしょうね。きっとカッコイイ方のはず・・・と信じたい(笑)

人気漫画の最新刊が無料!

マンガもアニメも無料で楽しむ!

全話無料で漫画を読む

漫画アプリで全話無料で読む!

-漫画印税
-

Copyright© OREMANGA , 2020 All Rights Reserved.