ヒューマンドラマ 実写ドラマ・映画・アニメ化

3月のライオン9巻のあらすじやネタバレ感想など無料で読む方法

更新日:

中学3年生のひなたは、進路に悩みつつも、零と同じ高校へ進学する事を決める。

偏差値の高い高校であるため、零に協力してもらいながら、ひなたは猛勉強する。

一方、名人戦では、宗谷名人と幼き頃からのライバル、土橋九段が対決する。

努力の人、土橋九段。努力し続けた先に、彼が見たものとは・・・


>>好きな漫画を無料で読む 読みたい作品名で検索

3月のライオン9巻 高校受験

三月祭の屋台がとにかく楽しかったひなた。

亡き祖母やお母さんも、新しいアイデアで商売上手だったと、おじいちゃんから聞きます。

私もそうなりたいと、次の祭りまでワクワクが止まりません!

 

けれど、それよりも今大事なのは高校受験です。

ひなたは、まだ志望校を決めていません。

 

やりたい事が目の前にあるのに、触っちゃいけない事にモヤモヤするひなた。

そんな姿を見て、気分転換にと、零は部活で行う「流しそうめん」に誘います。

 

そこで初めて、相談を受けていた林田先生は、ひなた本人に会います。

「この子が、桐山が心配していた女の子か!可愛いじゃないか!」とキュンとする先生。

 

そして、そのあとに来たあかりさんを見て、顔を赤くして硬直する林田先生。

一目惚れさせるなんて、さすがあかりさんですね!

 

楽しそうに流しそうめんをする川本3姉妹。

こんな楽しい高校もあるんだ~と、ひなたは零と同じ駒橋高校を受験する事を決めます。

 

それを聞いて喜ぶ零。次の日には学習プランをたずさえてやってきます。

家庭教師代わりとして教えてくれるわけです。

 

零は頼もしいですよね。

将棋のみならず、高校の成績も良かったのを忘れていました。

 

さらに、高2男子と中3女子を二人きりにしても気にしないほど、川本家から絶大な信頼を得ている零。

なんというか、零の面倒見の良さはお母さんみたいで、色んなものを飛び越えて、すでに家族みたいになっちゃっているわけです。

 

読者としては若干モヤモヤしますが、こんな関係も零らしくて微笑ましいのです。


>>好きな漫画を無料で読む 読みたい作品名で検索

3月のライオン9巻 ひなたの思い

零の協力もあって、無事、志望校へ合格できたひなた。

 

そして、ひなたの片思いの相手、憧れの高橋君はプロ野球選手になるため、推薦で四国の高知義塾に行くのを決めます。

 

もうすぐ高橋君はこの三月町からいなくなるのか・・・

寂しくなるひなた。

 

それに気付いた零は、卒業祝いにと、ひなたと高橋君を誘ってもんじゃを食べに行きます。

慣れた手付きでもんじゃを作る高橋君。

 

ふいに涙がでそうになるひなた。

ひなたの片思いは、静かに終わるのです。

 

それもあってか、長い髪を切ると決めたひなた。

 

ところが、美容室でいつものお姉さんがおらず、おばちゃんに切ってもらったら、ボブどころか、どう見てもオカッパ頭にされてしまいます。

 

どんよりと落ち込むひなた。

それを見て、ついついからかい過ぎてしまうあかりさん。

妹のモモにはこけしを持ってこられるし、おじいちゃんには座敷わらしか!と言われます。

 

そんな中、零だけは・・・

 

「うん!いい!!すっごくいい!超似合ってる!!」と大絶賛。

恥ずかしすぎて、照れてしまうひなた。

 

読んでいるこちらもニヤニヤしてしまいます。

零にとって大事な女の子ですからね。

どんなヘアスタイルになっても、可愛く見えてしまうと思います。

 

それに、勉強を教えている時だって、ヘタな成績を残したら彼女が気にするだろうと、将棋でもちゃんと良い成績を出しています。

 

「僕は、彼女が泣いたり困ったりするのが好きじゃない。

僕の知らない場所で、ピンチに立たされたりとか耐えられない。

だから、僕の手の届く所に来てくれると聞いて、絶対に受からせようと思った。」

 

という、漫画特有の心の声をきかされて、私はもう悶絶しちゃましたね!

零、アンタひなたの事大好きだな!!って。

 

でも、本人は無自覚なんですよね・・・

もちろん、ひなたもそんな風に思っていませんし・・・

 

高橋君という恋のライバルもいなくなったので、今度こそ頑張ってほしいです!


>>好きな漫画を無料で読む 読みたい作品名で検索

 

3月のライオン9巻 宗谷名人のライバル

第70回名人戦。

宗谷名人の相手は、幼少期からのライバル、土橋九段です。

 

彼は、「運」や「ツキ」を頼らず、ただ努力のみで勝ち上がってきました。

テレビも見ず、出掛ける事もせず、寝ている時以外は資料片手にひたすら研究。

 

将棋以外に興味がないので、実家暮らしで、ご両親が彼を支えています。

周囲が「ロボットだ」と言うぐらい、対局までのルーティーンを崩す事はしません。

 

それでも、長い闘いの末、宗谷名人の勝ちで幕を引きます。

 

土橋九段も宗谷名人も無口で、対局中も静かな空気が流れていました。

 

そして、土橋は相変わらずの凄まじい集中力で、次の一手を考えていのです。

 

そこに小さな虫がフッと飛んでいる。

それに気付いた宗谷名人が立ち上がり、扇子で虫をどけるのです。

 

宗谷名人は、普段そんな小さな虫など気にしません。

けれど、小さな虫のせいで、土橋の集中力が途切れる事がないように配慮したわけです。

 

2人の大事な対局を邪魔されたくなかったのでしょう。

言葉で交わさなくても気付き、対局中に見たことない扉が開いた事に気付けば二人で笑う。

 

こういうライバル関係も素敵ですよね。

 

負けて傷ついているだろうと心配していたご両親をよそに、彼は宗谷の家で研究する事になったと、将棋の奥深さを楽しんでいるようでした。

 

ここまで1つの事に対して努力するって、なかなかできないですよね。

けれど、本人にとってはそれが当たり前で、淡々とこなしていくわけです。

例え、努力した事が結果に結びつかなかったとしても、努力したからこそ気付けた新たな扉にワクワクするわけです。

 

こういう土橋九段みたいな生き方もあるのだなと、私は考えさせられました。


>>好きな漫画を無料で読む 読みたい作品名で検索

3月のライオン9巻の感想まとめ

9巻は、ひなたの高校受験から、それを支える家族の姿、零の心境の変化など、微笑ましい話が多かったです。土橋九段が、淡々と棋譜の研究をする後ろ姿も印象的でしたね。

 

また、いじめを解決した国分主任は、やっと新しい担任へバトンタッチできます。

そこで、最後の話し合いで、いじめた張本人である高城に対して言うわけです。

 

「お前が何にも頑張れないのは、自分の大きさを知ってガッカリするのが怖いからだ。

自分の大きさが分かったら、何をしたらいいかやっと解る。

自分の事が分かれば、やりたい事もぼんやり見えてくる。

そうすれば、今の、そのものすごい不安からだけは、抜け出す事ができるよ。」

 

私はグッと来ましたね。

国分主任の言いたい事も分かりますし、私もその通りだと思います。

あなたは、どう思いますか?

 

ひなたもついに高校生です!

それも零と同じ高校だなんて、今後2人に進展はあるのか!?

大事な人を守るため、将棋でも人としても成長し続ける零。

今後も見逃せません!!


>>好きな漫画を無料で読む 読みたい作品名で検索

-ヒューマンドラマ, 実写ドラマ・映画・アニメ化
-

Copyright© OREMANGA , 2019 All Rights Reserved.