実写ドラマ・映画・アニメ化 歴史・時代劇

漫画『ゴールデンカムイ』22巻ネタバレや無料で読む方法など|杉元たちの逃走!

ゴールデンカムイ第22巻は、金塊を我が物に利用とした鶴見中慰が率いる第七師団のもとから逃亡したアシㇼパ、そして杉元・白石達でした。第七師団からの逃亡劇、その流れに従う様に一同は樺太から再び北海道へ向かう事となりますが…。

 

漫画『ゴールデンカムイ』22巻には第212話~第221話までが収録されています。

21巻ネタバレ
【感動】旅の別れ…漫画『ゴールデンカムイ』21巻ネタバレや無料で読む方法など

漫画『ゴールデンカムイ』第21巻は、杉元達が久々にアシㇼパ・白石らと再会します。ロシアと北海道の国境を越えたのも束の間、ロシア国境警備隊員の狙撃、アイヌ文化を記録する活動写真家とも遭遇します。 またア ...

続きを見る

U-NEXT31日間の無料トライアルで、600円分のポイントGET!
まんが王国
マンガ好きも納得無料漫画が3000作品以上!
ebookjapan会員登録なしで無料漫画が読み放題!
 

第212話 怒り毛

樺太・大泊港にて、鶴見中慰により金塊の手掛かりとして使うべく、一人駆遂艦へ乗せられそうになったアシㇼパは、毒矢を放ち杉元と共に逃亡を図ります。

鶴見中慰ら、部下達は急いで港付近で後を追い彼等を探します。白石と谷垣らも杉元達を探しつつ、谷垣は“鶴見中慰はフチ(祖母)の村を知ってるんだぞ、逃げたらアシㇼパは戻れなくなる”と危機感を抱いていました。

 

杉元とアシㇼパは、米俵が積まれた小屋の中を通り抜け外へ出ようとした時、月島軍曹に見つかります。そこで、杉元と月島との激しい格闘戦が行われるも、上からアシㇼパが米俵を月島に向かって落とし、杉元へ早く逃げる様に施します。

小屋を出て急いで逃げようとするも、遠くから“止まれッ、逃げられんぞ杉元!”と銃を構えた月島軍曹と数人の兵士がいました。それでも逃げようとした杉元に容赦なく発泡します。

倒れ込んだ杉元に青ざめた表情で駆け寄ったアシㇼパに対し、今度は鯉登少尉が近寄り拳銃を向けて来ました。しかし、その瞬間…。

 

アシㇼパのやる事が随分無茶なやり方でしたが、命を懸けて今後の行方を変えたい思いが伝わります。その考えは、杉元も同じである事が行動から伝わって来ました。

>漫画『ゴールデンカムイ』22巻を今すぐ読む

第213話 樺太脱出

白石と谷垣は、樺太から北海道へ渡る船のある場所まで急いでいました。一方杉元は建物の縁の下にて、月島軍曹の射撃から受けた傷の手当てを、アシㇼパから受けていました。

まだ傷の痛みが治まらないなか、二人も港へ行こうとした時、目の前に(境界線で遭遇した)警護兵が馬に乗り現われました。杉元達は、警護兵の馬に乗せてもらう事となり、間もなくして白石達とも合流します。

すると白石も馬にかけ乗りますが、谷垣だけが一人残されます。

 

アシㇼパは谷垣へ、“谷垣まで来るな、インカラマッは鶴見中慰のところにいるんだろ!?鶴見中慰達は、お前の村を監視するはずだ、戻れないぞ!”と言い、自分がフチ(祖母)にまた会う夢を見た、必ず会いに来ると伝えてほしい事も言いました。

谷垣はこれらの伝言を聞き入れた様に杉元やアシㇼパを追いかけるのをやめました。そこへ第七師団 がやって来て、何故白石達を追わないんだと問い詰めます。それに対し谷垣は、“俺は、マタギ(狩猟者)です、マタギの谷垣です”と答えたのでした。

流氷から出発する船に乗り込み、いよいよ北海道に向かおうとした矢先、またも杉元達を狙う影が忍びよっていました…。

 

谷垣にとって突然やって来た杉元達との別れ、かつ新しい始まりの訪れでしたが、人生の節目は思わぬ時にやって来たりする事が多いかもしれません。構えてる時は案外、待つばかりで…。

 

第214話 雷型駆遂艦VS樺太連絡船

杉元達が乗った船は樺太の流氷から出発し、北海道、稚内港を目指し進んでいました。

しかし安心したのも束の間、鶴見中慰らが乗った駆遂艦が直ぐに追いかけて来て、杉元達が乗る船に向かって砲撃し威嚇さかます。

 

杉元は操縦室にいる船長のもとへ行き、“止めないでくれ、奴ら(鶴見中慰達)の目的はこの女の子(アシㇼパ)だから、撃沈する気は全く無い”と施します。

それに対し船長も、“よっしゃ、そもそもよぉ民間人を乗せてる船に向かって、いきなり砲撃してくる奴らの命令なんぞ、聞いてやる気なんかねぇんだよ!”と激を飛ばし、船を前進させます。

 

しかし、鶴見中慰達が乗る駆 艦がスピードは上で、追い付かれるのも時間の問題でした。

そこで杉元は目先にある流氷の帯に向かって進む事を提案、船員達は戸惑うも、自分を信じ様に説得した杉元でした。案の定、杉元達の船が向かう方向へ、鶴見中慰達の駆 艦からの砲撃で流氷が砕かれ、杉元達の船の逃げ道ができました。

と思いきや、駆遂艦は砲撃し続け、(砲撃で)砕かれた流氷で杉元達のより先の逃げ道が塞がれてしまいました。そこで、杉元・アシㇼパ・白石共に次なる手段に移ります…。

 

杉元と船長の態度を見ていると、たった一度の人生を力の限り生き抜いてやるという強い意気込みが痛烈に伝わって来ます。しかも、敵を巻き込む程ですので相当強い度胸だと思われます。

 

第215話 流氷の天使

鶴見中慰らの駆遂艦に追い詰められ挙げ句、杉元・アシㇼパ・白石の三人は船を出て流氷の上を歩いて逃げる事にしました。

第七師団一行も逃亡したアシㇼパをどの様に捕らえるか考え、鶴見も“あの娘に迷いがあって、覚悟が決まっていないのならば、脅迫に従うかもな…”と作戦を伺っていました。

 

そんななか杉元は、以前アシㇼパがキロランケの耳元で何か囁いていた事が気になり、“ひょっとして、(金塊の)暗号を解く方法が分かったんじゃないのか?”と尋ねます。

アシㇼパはそうだと答え、杉元は驚きその内容は何だったのか続けて聞きます。ただ、アシㇼパが口を開こうとした瞬間、杉元が“いや...アシリパさんに任せるよ、その時が来たら教えてくれ”と言いました。

 

アシㇼパも“そうだ、今はまだ言うべき時じゃない。番号の解き方を教えない事で杉元は私から離れない、弾除けとなってこの男を守れるのは私だけだ。私が強力な盾となる、そしていざとなれば、私は杉元佐一と一緒に地獄に落ちる覚悟だ”と、胸中でそう心に決めていたのでした。

その矢先、目の前にいる白石が、とんでもない事態に巻き込まれていました…。

 

杉元とアシリパの間に友情を越えた強い絆が結ばれている事が伺えます。信頼し合える関係だからこそ、長い旅を続けて来られているのかと思えます。

 

第216話 謎の白い熊

白石を襲ったのは、流氷を渡って来たホッキョクグマでした。穴ごもりし損ねた危険な状態でしたが、シロクマの毛皮は滅多に手に入らない為、相当高く売れるとアシリパは言います。

側にいた警護兵が仕留めようと銃をかまえるも、その直後にクマが足を滑らし、海へ落ちてしまいます。それでもクマへ発砲しようとする警護兵を杉元は必死に止めます(海へ入っている状態で発砲すると、そのまま海へ沈んでしまう為)。

 

続いて杉元が、クマが海から上がって来る瞬間を狙って仕留めようとするも、更に“(少しでも毛皮が高く売れる様に)一つも弾キズの無い毛皮なら、価値は高くなるんだよな?”と、無茶な事を言い出します。

杉元は、上がって来たクマの口から発砲し脳か心臓に撃ち込むやり方を提案するも、いずれにしても銃弾が外へ貫通する事は否めません。

それでも杉元は、“一か八かやるしか無い、さっさと上がって来いシロクマ!”と銃を構えました。その時、シロクマが杉元の目の前に這い上がって来るも、クマの重量で流氷がひっくり返り、流氷の上にいた杉元も飛ばされてしまいます…。

 

挑戦する事は大事ですが、時にそれが命取りになる事が表現されている様です。しかも、何にも報酬が手に入らなかったら、更に悲しいのですね…。

 

第217話 北海道にて

結局、シロクマの毛皮を手にする事はできなかったものの、杉元達は再び北海道へ戻ってきました。時同じくして、尾形も棒鱈を船賃代わりに差し出し旅船に乗り込み、樺太から北海道へ向かい杉元達の後を追ったのでした。

そして、久しぶりに地元アイヌの家を訪れた杉元&アシㇼパは“このアイヌのチセ(家)を見ると北海道って感じがするぜ”“うん…戻って来れたな、北海道に…”と言葉を交わしていました。

 

しかし杉元達がやって来た土地では、地元住民が次々とヒグマの被害に遭っていました。その事を地元アイヌから詳しく聞き出します。

ヒグマに襲われたのは、川で砂金を掘っていた者達で、ヒグマを捕まえようにも中々捕まえられないそうです。それ故に、砂金を採りたいがヒグマを怖がり近づけないとの事です。

更に噂によると、今いる場所から南に位置する『雨竜川』で砂金を掘り荒稼ぎしている男がいる様です…。

 

いつの時代も、宝探しとなると“ロマン”を感じるのでしょうね。現在においても“埋蔵金”等がたまにテレビで取り上げられてしましたので…。

 

やっぱり漫画で読みたい方にオススメ

『ゴールデンカムイ』全巻無料で読めるか調べた結果…

※人気のアノ作品も無料でありました。

 

第218話 砂金掘り師たち

杉元とアシㇼパは、崖から落ちそうになった一人の男を間一髪で助けます。

平太と名乗るその男に、白石が“砂金掘り師か?”と単刀直入に聞くと、彼はあっさりそうだと答えます。また杉元達も、砂金が採れると聞き、雨竜川までやって来た事を打ち明けました。

 

平太の仲間が杉元達を警戒するなか、川での砂金掘りが始められるも、中々思う様に砂金は採れません。それどころか川の水が想像以上に冷たく、川に長い時間手入れて砂金を探していた杉元や白石の手は、神経が麻痺しそうでした。

“宛のない宝探し”の様に感じたのか、“『雨竜川で一日50円稼いだ男』なんてのもガセネタかぁ”と杉元が弱音を吐いたのに対し、平太が“本当ですよ、その話…。だって私が稼いだんですから”と衝撃的な発言をしたのでした…。

 

杉元の様に、初めは目標に向かってやる気満々でも、先が見えないと辛くなるだけなのがとても共感できます。それも辛い状況であればある程、尚更です。

 

第219話 平太師匠

平太から砂金について驚愕を知った杉元達でしたが、続いて砂金の採り方、道具等について平太から話され、砂金の取り分は折半にすると言い杉元&白石は、目を輝かせます。

ただ、それを聞いていたアシㇼパが釘を刺す様に“そうやって皆猟をやめて、砂金を掘ったから川が汚れたんだ”と告げます。

 

更に平太が腰にぶら下げている、クマの彫り物がしてある煙草入れが気になり、アイヌの物ではないかとアシリパが尋ねます。するとこの煙草入れは、以前親しくなったアイヌの者達と砂金採りをした際にもらった物だと、平太が答えました。

また平太は、昔からアイヌの者達よりヒグマの話を聞かされ、トラウマになっているとの事です。そんな平太は、間もなく目の前に起きた惨劇に直面する事となるのです…。

 

アシㇼパはどんな時でも常に冷静沈着なのが分かります。周りのテンションが上がっている最中でも、水を差す様な事を言い出したりして、ちょっと痛いキャラクターかもしれません。

 

第220話 毛皮

平太は、ヒグマにより食い裂かれバラバラとなり雪の中に埋められていた、父親と兄の次郎の死体を目の当たりにします。その直後、彼の姉ノリ子が彼に助けを求めて来るも、平太の目の前で彼女の顔はヒグマの鋭い爪で引き裂かれてしまいます。

恐ろしさのあまり平太は逃げ出し、途中で遭遇した杉元に泣きつき、“私は必ずあいつに食われる、だからできるだけ離れてください!”と訴えます。

白石が近くにいた警護兵に声を掛けるも、彼は何やら絵を描き続けていました。描いていたのは平太の顔とその体には(金塊の手掛かりである)刺青が描かれ、白石は唖然とします。

 

また、アシㇼパがふと、平太の足元に風呂敷に包まれたヒグマの毛皮がある事に気付きます。

それを指摘された平太は急に慌て出し、“違うんです!何度も捨てたのに、焼いても川に流しても、人に頼んで処分してもらっても、いつの間にかどこからか手に入れて「持ってる」んだ”と、摩訶不思議な事を言い出します。

それに対し、アシㇼパは“平太の言うウェンカムイ(ヒグマ)とは、平太の頭の中にだけいるんじゃないのか?”と捉えます…。

 

今回の平太もそうですが、(金塊の手掛かりとなる)刺青をした人物は変わったキャラクターばかりで、ある意味覚えやすいかなと思いました。印象に残す事も結構大事ですね。

>漫画『ゴールデンカムイ』22巻を今すぐ読む

第221話 ヒグマ男

ヒグマの毛皮を被った平太は突如、雄叫びをあげて杉元に襲いかかります。

杉元は激しく抵抗するも、小柄な体型からは想像も付かない程の怪力で追い詰める“ヒグマ”平太でした。

 

杉元は小刀を取り出し、“ヒグマ(平太)”の体数ヶ所を刺し、力が弱まったところで仕掛けておいたヒグマ用の罠を動かし、罠の槍が平太の喉元に突き刺さりその場で倒れ込みます。

すると平太は“やった、あいつに勝ったぞ”と謎めいた事を呟きます。更に、白石が平太に刺さった毒矢を早く抜く様にアシリパに施すも、平太は“いいんです、このままで”と言い、今までのヒグマによる“束縛”を語り始めたのです…。

 

これまで杉元らがあって来た人物は、普通の人では理解できない束縛や快感等が日々の生活で取り巻いている事が伺えます。平太は“過去の束縛”から命と引き換えに解放されたので、最後は幸せ?だったのかもしれません。

人気漫画の最新刊が無料!

マンガもアニメも無料で楽しむ!

全話無料で漫画を読む

漫画アプリで全話無料で読む!

-実写ドラマ・映画・アニメ化, 歴史・時代劇

Copyright© OREMANGA , 2020 All Rights Reserved.