完結マンガ 恋愛・フェティッシュ 泣ける漫画

ヒメゴト~十九歳の制服~3巻ネタバレや感想、無料で読む方法など

峰浪りょう先生の『ヒメゴト~十九歳の制服~』3巻では、女友達であったはずのカイトと由樹の関係が、由樹のカイトを想う気持ちによって崩れかけていました。しかし、そんな二人の関係に再び変化が見られ、由樹はカイトへの想いに決着をつけるのでした。

 

『ヒメゴト~十九歳の制服~』3巻には第25話から第36話まで収録されています。

2巻ネタバレ
ヒメゴト~十九歳の制服~2巻ネタバレや感想、無料で読む方法など

峰浪りょう先生の『ヒメゴト~十九歳の制服~』2巻では、由樹は祥とのいざこざのあと、カイトに寄り添ってもらっていたことで女友達であるはずの彼のことを次第に意識していくのでした。   『ヒメゴト ...

続きを見る

U-NEXT31日間の無料トライアルで、600円分のポイントGET!
まんが王国
マンガ好きも納得無料漫画が3000作品以上!
ebookjapan会員登録なしで無料漫画が読み放題!
 

第25話 疑心-ギシン-

慣れないヒールを履いて歩いていたため靴擦れを引き起こしてしまった由樹。そんな彼女を道の端に腰掛けさせたカイトは、腫れた彼女の足首に手を添えながら痛みの具合を聞く。すると由樹は、カイトに触られたことで顔を赤らめるのだった。

 

由樹と女友達でいるため、そして由樹に自分たちが女友達であることを証明するために彼女を自宅に連れてきたカイトは、彼女の足首に手当を施したあと、未使用の下着を渡し、今ここで着て見せてと告げるのだった。

>漫画『ヒメゴト~十九歳の制服~』3巻を今すぐ読む

第26話 影-カゲ-

カイトの言葉に戸惑いを見せた由樹だったが、自分が抱いているかもしれないカイトへの恋心を否定するために下着を着けて見せることをカイトに宣言する。

 

しかし由樹は、未果子になるためだけの衣装だらけの彼の部屋から未果子の「影」を感じることで、この場所にいたくないと思ってしまうのだった。

 

第27話 窮屈-キュウクツ-

カイトの自宅から帰宅した由樹は彼からもらった下着を身に着けながら自慰に耽ろうとする。しかし、Dカップ用の下着の窮屈さや、カイトの未果子に対する気持ちから感じた自身の「嫉妬」の雑念にも窮屈さを感じ、締め付けられるような思いを抱くのだった。

 

第28話 胸中-キョウチュウ-

昼休みに購買で昼食を購入していた由樹に声をかけてきた未果子。彼女と一緒に昼食をとることになった由樹は、未果子の格好を真似している人がもしいたらどう思うかなど、気になっていたことをつい訪ねてしまうのだった。

 

突然の大雨で屋根のある場所に移動しようとした由樹は、偶然見かけたカイトに未果子を引き合わせることを嫌い、未果子の手を引っ張ってカイトのいる場所とは反対方向へと走って向かうのだった。

 

第29話 蕾-ツボミ

突然由樹に手を引っ張られてベンチに連れてこられた未果子は、胸が苦しいという由樹のブラジャーを外してあげることに。彼女が身に着けていたブラジャーのそのいやらしいデザインを見た未果子は、全然由樹らしくないと心の中で呟くのだった。

 

未果子の下着を見て照れたり、自分の胸を隠す仕草を見せる由樹を見た未果子は、彼女のことを小さな「蕾」のようだと心の中で呟くのだった。

 

第30話 休憩-ラブホテル-

雨で全身びしょぬれになった二人。未果子はそのことを口実に身なりを整えるために近くのラブホテルへと由樹を連れてタクシーで向かう。

 

風呂から上がった二人は余った時間をベッドの上で休憩することに。先に寝入った様子を見せる由樹を見た未果子は、彼女の顔を間近で見つめる。

 

第31話 乖離-カイリ-

寝入った由樹にキスをしたり、彼女の体に包まれるように抱き着いた未果子は、由樹を好きな気持ちを胸いっぱいに感じていた。しかし、それでもなぜか彼女の性器が濡れることはなかった。

 

数時間後、由樹と別れた未果子はいつものように黒いセーラー服に着替えると「客」と共にホテルへと向かう。そして、いつものように「汚れる」ことで自身の性器を濡らすのだった。

 

第32話 外-カヤノソト-

由樹と未果子の二人が大雨の中、屋根のあるベンチの上で上裸で抱き合っていたところを見たカイト。そんな彼は年上の金づるであるモモのヨガ仲間、柚果とお茶している時に「うらやましい」と言葉を漏らしてしまう。

 

彼女のマンションにやってきたカイト。彼は好きではないというフェラを柚果にされながら頭の中に由樹と未果子を想像して果てる。出したあとに目を開いたカイトは自分が誰にイかされたのか自答するのだった。

>漫画『ヒメゴト~十九歳の制服~』3巻を今すぐ読む

第33話 男女-オトコトオン-

柚果との行為中にかかってきた由樹からの電話を口実に彼女に別れを告げ由樹の自宅にやってきたカイト。彼は由樹に昼間見かけた未果子と抱き合っていたことについて尋ねるのだった。

 

初めて男の格好で由樹のアパートにきたことや、柚果との行為中に裸の未果子と由樹を想像したことで気まずい空気を覚えたカイトが早めに彼女の自宅をあとにしようとする。しかし、玄関を開けた先にはとてつもない大雨が彼を待ち受けていた。

 

第34話 性友達-セックスフレンド-

警報が出るほどの大雨のため由樹の自宅で雨が止むのを待つことにしたカイト。

 

売り言葉に買い言葉でセックスをすることになってしまった二人はお互い服を脱ぐとベッドの上で行為に及ぼうとする。

 

自分の体に愛撫するカイトに対してセックスしたあとも女友達でいられるのかなと問う由樹。そんな彼女にカイトは、これからはセックスフレンドになるんじゃないと告げるのだった。

 

第35話 由樹-ユキ-

いざ行為に及ぼうとした瞬間、突然ボロボロと涙を流すカイト。彼は今まで楽しかった「女同士」の思い出をたった数分のセックスで壊してしまうことに悲しさを感じていた。そんな彼に対して由樹は自分も他の女友達と同じになるのはイヤだと告げるのだった。

 

今はなによりも由樹との関係が大事だと告げたカイトは、彼女の自宅をあとにする際にじゃあね由樹(ユキ)と告げるのだった。

 

第36話 前途-ゼント-

カイトと一緒に購入した洋服を身にまとった由樹は、梨奈や杏に髪の毛を整えてもらったり、メイクをしてもらったことで目を引くほどに可愛い見た目へと変わっていた。

 

そんな彼女を見たカイトの男友達はカイトに対して由樹を狙っていいかと聞くのだった。

>漫画『ヒメゴト~十九歳の制服~』3巻を今すぐ読む

ヒメゴト~十九歳の制服~3巻 まとめ

カイトを好きな自分の気持ちに気づいた由樹でしたが、自分が「由樹(ユキ)」でいられるように、そして彼との関係を続けていくために、彼女は自分の気持ちを閉じ込めてウソを突き通すことを決意するのでした。

『ヒメゴト~十九歳の制服~』3巻では、初めて男を好きになった由樹がその想いを閉じ込めることを決意するところが見られました。

人気漫画の最新刊が無料!

マンガもアニメも無料で楽しむ!

全話無料で漫画を読む

漫画アプリで全話無料で読む!

-完結マンガ, 恋愛・フェティッシュ, 泣ける漫画

Copyright© OREMANGA , 2020 All Rights Reserved.