実写ドラマ・映画・アニメ化 歴史・時代劇

漫画『アルテ』3巻ネタバレや感想、無料で読む方法など

「アルテ」は、大久保圭先生による初連載作品で2013年から「月刊コミックゼノン」(徳間書店)にて連載されています。

アルテ3巻ではレオの気難しいパトロンであるウベルティーノとの交渉に挑むアルテと、同じ画家達が集う同業組合でアルテの存在が問題視され、その問題に立ち向かう姿が描かれた話が収録されています。

 

「アルテ」3巻には第11話から第15話が収録されています。

2巻ネタバレ
漫画『アルテ』2巻ネタバレや感想、無料で読む方法など

「アルテ」は、大久保圭先生による初連載作品で2013年から「月刊コミックゼノン」(徳間書店)にて連載されています。 アルテ2巻では高級娼婦(コルティジャーナ)の女性ヴェロニカの話を中心に、下町でアルテ ...

続きを見る

U-NEXT31日間の無料トライアルで、600円分のポイントGET!
まんが王国
マンガ好きも納得無料漫画が3000作品以上!
ebookjapan会員登録なしで無料漫画が読み放題!
 

第11話 腐れ縁②

ウベルティーノとの交渉を成功させるため、高級娼婦であるヴェロニカの元を訪れたアルテ。アルテがヴェロニカに臨んだのは、高級娼婦として生きてきた巧みな話術を伝授してもらう事でした。

 

ヴェロニカはアルテに「高い対価を払うことに満足を与えられる仕事」をするのだという自身を持つべきだと話します。アルテはヴェロニカの教えのもと、貴族であった時に得たレース編みの経験などでより絵の価値を高められることを武器に、交渉を成立させます。

 

ウベルティーノ自身は絵に興味がないことをアルテに話、画家として今後生活していくならそう言った客も相手にしなければいけないことを忠告します。アルテはその言葉に、そんな人たちにも満足してもらえるような職人になると意気込みを語ります

 

アルテの事を気にいったウベルティーノは、アルテの願いを聞き応接室に飾られた絵をもう一度アルテに見せます。アルテは其処に飾られている絵がレオのものだと思いますが、実際はレオのものが半分、残り半分はレオの師匠のものでした。

>漫画『アルテ』3巻を今すぐ読む!

第12話 腐れ縁③

交渉を成立させたアルテは、空腹をウベルティーノに見透かされ大量の食材を持ってレオの元へと帰還します。ウベルティーノの元でレオの過去を少しだけ聞いたアルテは、レオの昔の話を本人の口から聞くことになります。

 

昔物乞いだったレオは、アルテと同じように色々な工房を訪れては門前はらいを繰り替えしていました。やっと入った工房で、中々周囲の子供達と馴染めなかったレオですが親方はレオを追い出すような事はしませんでした。

 

レオの親方は見込みがあるレオには厳しく接しましたが、見込みのない子供達にはただ優しくするだけでした。レオの親方は仕事の前では物乞いという身分など関係なく平等だったのです。その話を聞いた上で、アルテはレオの元に弟子入りできて良かったと話します。

完成した絵画を受け取りに来たウベルティーノはレオが食事にお金をかけず服もボロなことを指摘します。代わりに画材は良いものをつかい、工房の設備も充実しており、自分にはお金を使うつもりがないことに呆れはてていました。

 

ウベルティーノはかつてのレオの師匠から、レオの事を頼まれていたのです。またウベルティーノもまた仕事用で絵を依頼し、自分の事にお金を使わないことをレオは心配していました。ウベルティーノとレオが似た者同士で、お互い何も言わずとも通じ合っているのも見て、アルテもまたいつかレオの考えていることが分かる日が来るのだろうかと思いをはせます。

第13話 同業組合①

同業組合とは同じ職業の親方同士で結束された組合のことで、親方が亡くなった場合働いていた徒弟などは他の工房の徒弟になったり、金銭的援助をするような形で助け合っていました。

 

とある工房の親方がなくなったことで葬儀に参列したアルテは、女という理由で他の工房の徒弟達から難癖をつけられてしまいます。アルテを庇ったアンジェロ達と言いあいになり教会前は一騒動起きてしまいます。

 

騒ぎを聞いた芸術家組合では女の徒弟がいることで弟子たちの間で諍いが怒ったことをしり不和を起こすかもしれない存在を疑問視する声が出始めてしまいます。

 

一方アルテはレオからフレスコ画の漆喰の練習を命じられます。それはアルテが工房に弟子入りしていることに物言いがついたため、アルテが画家修業を続けるための条件として出された課題でした。

>漫画『アルテ』3巻を今すぐ読む!

第14話 同業組合②

アルテが徒弟として居続ける事の課題として出されたのは、多くの工房が同時に参加する宮殿のフレスコ画製作の現場での仕事ぶりを見て判断するというものでした。

 

訪れたフレスコ画作成の宮殿では馴染みのアンジェロもいるものの、多くはアルテを歓迎しない雰囲気でした。しかしアルテは負けずにいつも通り前向きな姿勢で仕事に臨みます。

 

仕事を始めたアルテに対し、レオは厳しい態度で接します。男でも重労働のフレスコ画づくりにアルテが休憩時間に吐いてしまっているのを見つけ、アンジェロは休むように提案しますが、アルテはそれを受け入れませんでした。アルテはレオが「女」という理由で特別扱いをしないのをしっていたからです。アルテは再び製作現場へと戻っていきます。

第15話 同業組合③

初日と違いすっかりいつもの調子を取り戻したアルテはレオの厳しい態度にも負けずついていきます。過酷な仕事に笑みを絶やさないアルテに、段々と周囲の反応が変わっていきました。

 

そしてアルテの仕事ぶりを見ていた組合のアルロド役員長もまた、アルテの仕事ぶりに感嘆した一人でした。アルテを心配するレオに、アルロドは役員会議でアルテの事を後押しすることを約束します。

 

そして作業が進み、とある日の休憩時間にアルテは以前難癖をつけてきた別工房の徒弟達がカルチョという球技で遊んでいるのを眺めていました。そして「自分も混ぜて欲しい」と提案します。皆驚くものの、アルテの仕事ぶりを見て彼女の事を認めたため仲間に入れてくれるのでした。

 

そんな仕事場に、ヴェネチアからやってきたユーリという人物が訪れ、徒弟達が残した落書きの一つに目を止めます。他のものより柔らかいタッチで描かれたその落書きはアルテが描いたものでした。それを描いたのが女の徒弟ということを知ったユーリは、アルテに興味を抱きます。

>漫画『アルテ』3巻を今すぐ読む!

「アルテ」3巻感想

「アルテ」3巻では気難しいパトロンであるウベルティーノの交渉を成功させ一息つけたと思いきやアルテに新しい壁が立ちはだかります。それは同業組合で女の徒弟が問題視されるという、再び「性別」による壁が生まれてしまった問題でした。

しかしアルテは男徒弟たちも疲れる過酷な現場で常に笑顔を絶やさず働きつづける姿に、段々と周りの態度も変わっていきます。最初は難癖ばかりつけていた別工房の男徒弟がアルテの事を認める瞬間は読んでいて、思わず拍手をしたくなるような展開でした。

そして最後にヴェネチアからやってきたユーリという男性が、一体今後アルテにどうかかわってくるのか。4巻も楽しみな展開になっています。

人気漫画の最新刊が無料!

マンガもアニメも無料で楽しむ!

全話無料で漫画を読む

漫画アプリで全話無料で読む!

-実写ドラマ・映画・アニメ化, 歴史・時代劇

Copyright© OREMANGA , 2020 All Rights Reserved.