デスゲーム&サバイバル ヒューマンドラマ

創世のタイガ1巻ネタバレ無料で更に楽しく読むために

更新日:

『ホーリーランド』や『自殺島』の作者、森恒二さんの最新作『創世のタイガ』がついに1巻発売!!サバイバル系の漫画が好きな方は絶対にチェックしておかないともったいないです。

全作の『自殺島』は何度も読み直して、号泣した漫画だっただけに、今回の『創世のタイガ』も速攻で購入。物語の序盤ということもあって、まだまだストーリーは大人締めですが、森恒二さんのことなので、今後かなりハードなサバイバルになることが予想されます。

大まかなあらすじは、彼女にフラれ、生きている実感のない大学生の主人公のタイガ。大学の文化人類学のゼミ仲間とオーストラリアへ卒業旅行に出かけます。彼らは偶然見つけた洞窟で観光ガイドにも載っていない古代の壁画を発見。大発見だと浮かれるのもつかの間、洞窟の崩落が起こり、彼らは入り口とは別の穴から外に脱出することができたのですが、そこに待っていたのはマンモスなどの巨大哺乳類が生息する世界でした。

↓今すぐ無料で漫画を読みたい方はコチラをクリック!読みたい漫画を検索!↓

ebookjapan 無料会員登録で半額クーポンがプレゼント!T-ポイントも使える!
U-NEXT 31日間の無料トライアルで、600円分のポイントGET!
FOD 1ヶ月間の無料トライアルで最大1300円分のポイントGET!

創世のタイガ1話 何もない道

主人公のタイガは、大学の文化人類学のゼミ仲間とオーストラリアに卒業旅行にきていました。ワイナリーに向かう途中、彼女に振られ傷心気味のタイガは考えます。

「大学もいよいよ卒業ってなるともう、わかっちゃうよね、自分が何者でもなかったなぁって。何の主人公にもなれない凡庸な人間の凡庸な人生が待ってるんだって、うっすらと終わりまで見える道…」

そんなことを話しながら歩いているタイガたちは、洞窟を見つけます。

そして、タイガたちは洞窟の奥にはガイドブック未記載の古い壁画を発見します。

サイト内より『創世のタイガ』を検索すれば、登録なしで立ち読みできます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

『創世のタイガ』を無料で試し読み

創世のタイガ2話 壁画

洞窟内で発見した壁画は、相当原始的なタッチの壁画で、ラスコーに近いとユカは言います。

ラスコー壁画はフランスの西南部ドルドーニュ県、ヴェゼール警告のモンティニャック村の南東の丘にある洞窟壁画で、現在は二酸化炭素による損傷を防ぐため封鎖され一般公開はされていません。近くにラスコー2というレプリカの洞窟があります。

ラスコー壁画は2万年前の後期旧石器時代のクロマニョン人によって描かれたとされています。

 

「自分の人生にこんなドラマが起こるなんて、壁画はまるで自分を新しい世界へ導いてくれているように輝いて見えた。」

とタイガは壁画を見て思います。

しかし、そんな思いもつかの間、洞窟内で揺れが起こり、落盤により入り口は封鎖。そして別の出口を探していたところ、なんとか洞窟から出ることができたのですが、そこに待っていたのは見たこともない巨大な生物や森林でした。

創世のタイガ3話 絶望の景色

洞窟から抜け出すと、見たこともないような動物や植物が溢れていました。そして、タイガは狼に見つかり襲われそうになります。

森恒二さんの絵は正直、あまり好みの絵のタイプではないのですが、時折、これは!!といったカットがあったりします。今回のタイガが狼ににらまれるシーンとかも、急に作画に力が入ったりしていて、一気に読者はひきこまれ足りするんですよね。

狼は再び起きた落盤によって逃げましたが、その落盤によってタイガたちは元から来た洞窟を失います。

 

「オーストラリアには狼はいないよ。」

人類学よりも古代生物に興味のあるリクが言います。

こういう事情通・博士的なキャラはなかなか死なないと思います(笑)

僕だったら動物の名前も、大陸の名前も全くわからないので…。

 

ちなみにオーストラリアにいるのは野犬が定着したディンゴのみ。

ちょっと、可愛いですよね。

 

また、馬みたいな動物も出現していて、リクはモロプス、いやカリコテリウムだと言います。

リクが言うモロプスはどういう動物かというと…

モロプス

肩高約1.8m - 2.4m。大型のウマほどの大きさで、頭骨はウマに似る。しかし歯は低歯冠であり、柔らかい植物を食べていたとされています。胴体は四肢に比して短く、四肢は後肢に比べてやや前肢が長く、胴体は後傾する。前後とも三本の趾を持つが、前肢には大きな鉤爪があった。これは、同科のカリコテリウムなども同様の形態であった。しかしモロプスはカリコテリウムに比べて首が長く、オカピに似た体型であった。

カリコテリウム

新生代中新世から鮮新世にかけてユーラシアの各地に棲息していた奇蹄目の動物。

カリコテリウム骨格化石(パリ自然史博物館)

全長2メートル、体高1.8メートルほど。体型はウマに似。蹄の代わりに鉤爪を持つのが特徴。通常はこの爪を保護するようにナックル・ウォーキングで歩いていたと推測されている。前脚が後脚に比べ極端に長く、そのため下半身へかけて背中が著しく傾斜するのも特徴。

 

リクがモロプスではなく、カリコテリウムだと言ったのは、このナックル・ウォーキングの為だと推測します。ナックル・ウォーキングなんて聞きなれない言葉ですが、いわゆるゴリラ歩きですね。

いやいや、こんな話、普通の大学生知らねぇだろ!!とツッコミを入れたくなりますが、コレで決定ですね。

事情通のリクは当分死なないな(笑)

創世のタイガ4話 マンモス

「全身家に覆われていて、アフリカ象よりだいぶ大きく、体に比べて耳は小さい、長く湾曲した牙…間違いないあれはマンモスだ。」

マンモスを前にしたタイガ達は絶望していましたが、タイガだけは絶望ではなく、その光景を美しいと思います。

 

確かに、この手の古代の生物とかを好きな人は多いですね。男の子はやっぱり好きだったりします。化石の発掘とか好きな人は好きですからね。

 

森の中でタイガたちにマンモスが近づき恐怖します。しかし、タイガだけはマンモスに魅せられます。森恒二さんの『自殺島』を読んだ方なら、「サバイバル来たな!!」って興奮する描写ですね。

『自殺島』の詳しいあらすじや感想などはこちら

5話 恐怖の夜

古代にタイムスリップしたタイガたちは、夜の野生の動物に恐怖します。

獣の群れに囲まれますが、寝床をしっかりと確保していたため難を逃れました。

 

翌朝、獣の群れをリクはハイエナだと推測します。そしてタイガは「これは夢でもドッキリでもない、現実だ。そう考えないと僕らは死ぬ。」

まずは水と食料を確保しなければと、森を探索しに行きます。

 

『自殺島』でもそうでしたが、水の確保がサバイバルで最も重要になります。

僕たちは蛇口をひねれば水が出てくる恵まれた環境にいると言うことを、『自殺島』や『創世のタイガ』は教えてくれます。

 

飲み水に関しては炭と砂利で簡単にろ過すれば飲めるようになるとのこと。

手で触ると手が真っ黒になる炭で、なぜ水をろ過できるのか?

木炭は気を燃やして炭にします。そして、炭には数ミクロンから数百ミクロンの小さな孔がいっぱいあいています。炭1グラムの孔の内部の表面積は約300平方メートル。木炭のこの広い表面積をくぐりぬける中で汚れが吸い付き、水はきれいになります。

こんな感じでろ過器は簡単に作れます。

 

タイガたちは水を求めて森を散策し、大きな川を見つけます。

しかし、水辺は動物が集まるから危険も多いとリクはいいます。

 

水辺は全てのプレデター(捕食者)の狩場。生物は水を取らなければ声明を維持できないため、必ず水場に現れます。そして、中生代から現代にいたるまで、淡水域の生態系の頂点はワニ。

タイガたちの近くにワニが忍び寄ります。

創世のタイガ6話 弱肉強食の大地

対岸で鹿のような生物が水を飲んでいるところをワニが襲います。そして、安全だと思われていたタイガの隣にいたチヒロをワニが…。

「食われたくないし、食わなければ僕らは死ぬ。弱肉強食の大地なのだ。」

タイガは言います。

 

現代の私たちの世界は平等な世界とされていますが、何かのきっかけで弱肉強食の世界に戻ってしまいます。サバイバル漫画が人気な理由は、そうした本来の世界を僕たち読者に思い出させてくれるからかもしれないですね。

少なからず、森恒二さんの『自殺島』や『創世のタイガ』はそうした思いが伝わってきます。いや、ストリートファイトの『ホーリーランド』もまた、弱肉強食の世界ですね。

 

リクは森の中でイチジクの実を、そしてタイガはケヅメリクガメを見つけます。

リクガメの動きは遅く、容易に捕まえることができるが、分厚い甲羅を貫ける獣はほとんどいないとのこと。確かに甲羅の中に入られてしまっては動物は食べることができません。しかし、人間だけは道具を使って解体し、陸生亀を食べることができます。

『創世のタイガ』内では陸生亀は美味しいと描写されています。

「いやぁ、亀は食べたくないなぁ。」と僕とかは思ってしまいますが、よくよく考えるとスッポン料理と一緒ですよね。

また、日本では小笠原諸島あたりだと、海亀料理が食べれるそうです。

創世のタイガ7話 もっとも危険な生物

タイムスリップをしてから数日、マンモスとの距離感をタイガはつかんでいました。

しかし、体調3メートルにもなるホラアナグマを見つけ、すみかを移動します。

 

また、ケヅメリクガメ、クマ、マンモスなどの生物から、タイムスリップした場所や時代を北アフリカから中東、時代は100万年前よりも近く、数万年前ではないかと推測します。

そしてアラタは言います。

「人類がいるかもしれない。人間はこの世界で一番危険な生物だ。」

 

タイガたちは以外にも食糧には不自由なく生きることができていました。

人類が支配する以前の世界は想像以上に豊だったそうです。

狩猟採集時代の人類の骨など遺留物を調べると、意外にも栄養状態は良好で、豊な食生活を送っていたそうです。逆に農耕が始まったころの人類の方が飢餓状態の遺留物が多くみつけられるとのこと。

現代社会からすると、アスファルトやビルとかばかりで食べるものなんて何もないですが、言われてみれば確かに食糧は多かったのかもしれないなと思えます。

創世のタイガ8話 ネアンデルタール人

タイガたちは食べ物を探索に出ている時に、2種類の人類を発見します。

そして、2種類の人類は戦闘をはじめ…。

 

赤毛・茶髪・がっちりした体格から推測し、ネアンデルタール人と推測し、アフリカ系の人類をホモサピエンスと推測します。

それらの情報から、ヨーロッパで反映していたネアンデルタールとアフリカで発祥したホモサピエンスがぶつかりあった時代・場所にきていると考えました。

つまり、タイガたちは最も危険な時代に来てしまったこと理解したわけです。

 

ちなみにネアンデルタール人の雰囲気はこんな感じのようです。

この写真のネアンデルタール人は少し人間と交配が進んでいるようです。

創世のタイガ9話 毛皮をまとう者

豹が狩った獲物をタイガたちは槍で脅して奪い取ります。

まさに弱肉強食。

恨めしそうに見ている豹の顔に可哀想になりますが、元々の世界はこうした世界なんですよね。僕たちは平和ボケしているわけです。

 

そして、奪い取った動物のスジを使って石槍のヒモを作りります。

着柄(ちゃくへい)と呼ばれる詳しい石槍の作り方については、スゴクわかりやすく創世のタイガに描かれています。

 

『自殺島』『創世のタイガ』ともに、森恒二さんの漫画はサバイバルの時に非常に役立つ情報が満載なのが良いですね。身近なものから道具を作り出す。創造の面白さを教えてくれます。

 

『創世のタイガ』第9話では、物語の終盤で豹の毛皮をまとう者たちの物語が描かれています。

いよいよ、大きな流れの物語が始まりそうです。

創世のタイガの今後に期待!?

『自殺島』と比べて、『創世のタイガ』はゆっくりなスピードで進んでいるように思えます。

それというのも、人類が支配する前の世界が、比較的豊だったこと為なのでは?と思いえます。ただし、この後に待っているネアンデルタール人とホモサピエンスとの戦いに巻き込まれていくんだろうなという序盤として、『創世のタイガ』1巻はゆっくりと舞台設定を描いているのだろうなと。

森恒二さんの漫画はかなり好き嫌いを選ぶ漫画だと思います。

ですので、読んでみていまいち合わなかった場合、もったいないので、まずは無料立ち読みとかをお勧めします。

サイト内より『創世のタイガ』を検索すれば、登録なしで立ち読みできます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

『創世のタイガ』を無料で試し読み

 

また、もし実写版『ホーリーランド』にも興味のある方は、31日間の無料登録で実写版『ホーリーランド』をコチラで観ることができます。

映画・アニメ・漫画・ドラマ31日間無料トライアル

『合法』的に好きなマンガを手に入れる方法

あまり知られていなかったりするのですが、好きなマンガを立ち読みではなく、無料で1巻手に入れることができます!!

 

少し前にマンガを違法アップロードして捕まってしまった(ダウンロードした側も)ような違法で手に入れる方法ではなく、”合法的に”マンガを手に入れる方法です。

結構、簡単というか5分程度で終わってしまうので、軽く説明していきますね。

 

まず、U-NEXTというサイトに行きます。

U-NEXTの無料登録はこちら

 

「あれっ?U-NEXTって動画配信会社じゃなかったっけ?」

そうなんです、U-NEXTは動画配信会社なのですが、実は電子書籍の会社でもあったりするんです。

 

上のリンクから進んでもらうと、下のような画面になります。

ココの画面の赤矢印のところがポイントです。

31日間無料トライアルで600ポイント(600円と同じ意味です。)をもらうことができます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓ ↓ ↓  ↓ ↓ 

U-NEXTの無料登録で600ポイントをもらう

 

31日間無料トライアル実施中で、無料トライアル期間に解約をした場合は月額料金はかかりません。

 

このプレゼントされた600ポイントで、お好きな電子書籍を手に入れることができるわけです。

ちなみに、この無料600ポイントプレゼントと無料トライアル期間のサービスはいつ終わるのかはわからないサービスなので注意してください。

 

登録方法もいたって簡単です。スマホで出来ます。

リンク先の無料トライアルボタンをクリックして進むと…

上の画面が表示されるので、赤丸の中を登録していく感じです。

5分もあれば登録できるはずです。

 

ちなみに、1カ月後には1200ポイント(1200円分)のポイントを毎月もらえるので、好きな動画を見たり、お気に入りのマンガを手に入れてみたりすると良いですね。

 

 

欲しいマンガを合法的に手に取る方法はこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓ ↓ ↓  ↓ ↓ 

U-NEXTの無料登録で600ポイントをもらう

 

-デスゲーム&サバイバル, ヒューマンドラマ
-, , ,

Copyright© OREMANGA , 2019 All Rights Reserved.